鉄道コム

JR東海が新型通勤車両を2021年度導入、22年ぶりの通勤型

2020年1月22日(水)15時45分

315系(イメージ)
315系(イメージ)

JR東海は22日、新形式の通勤型車両「315系」を投入すると発表した。1999年デビューの313系以来、約22年ぶりの新型通勤型車両となる。

315系の外観は、「先進性×親近感」を表現したデザイン。前面は「通勤型電車の新しい顔」とし、直線を使用した幾何学的な形状を採用。前面表示窓は、横長に連続したデザインとする。側面には、同社のコーポレートカラーであるオレンジ色を配色する。

車内では、駅設備案内や運行情報などを表示するフルカラー液晶ディスプレイを設置。全車両に車いすスペースを設置するほか、全編成に車いす対応トイレを備え、バリアフリー設備の充実を図る。車内防犯カメラは1両あたり5か所設置。セキュリティ向上を目指す。

機器類では、制御装置にSiC素子を採用するほか、室内灯や前照灯にLEDを用い、省エネルギー化を図る。制御装置や保安装置は2重系統化し、信頼性を向上させる。また、同社在来線車両では初めて非常走行用蓄電装置を搭載。停電時でも最寄り駅までの走行が可能となる。台車は、次期特急車両であるHC85系と同様の構造を採用し、乗り心地を向上。スカートは排障機能を向上した形状とする。また、車両~地上間のデータ通信装置を導入しメンテナンスに活用するほか、振動検知装置を導入し、台車などの異常発生抑制や早期検知を実現する

315系は、2021年度から2025年度にかけて、352両を製造。名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線や東海道本線、関西本線などに順次投入し、211系や213系、311系を置き換える。なお、315系により211系を置き換えることで、同社が保有する全ての車両がJR化後に製造した車両となる。

2020年1月22日(水)15時48分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2186件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全155件

315系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全252件

鉄道コムお知らせ

画像

485系「華」の北関東ツアー

デッドセクションを2回通過、北関東メガループ日帰り。人気の鉄道ツアーが来年1月に開催

画像

抽選で豪華景品プレゼント

年に1度の鉄道コムアンケートを実施中。ご回答者の中から抽選で豪華賞品を進呈します

画像

好きな「JRの観光列車」に一票を

志国土佐時代の夜明けものがたり、くしろ湿原ノロッコ号、SLばんえつ物語、36ぷらす3…

鉄道コムおすすめ情報

画像

オホーツク 復刻ヘッドマーク

1980年代の特急「オホーツク」のヘッドマーク。2022年1月29日から、キハ183系に

画像

「流し撮り」に挑戦!

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。今回は、綺麗に決まれば楽しい「流し撮り」をご紹介

画像

315系報道公開

2022年3月デビューの315系が報道公開されました。気になる車内外をご紹介。

画像

電気式気動車のしくみ

近年導入例が増えている、古くて新しい「電気式気動車」。そのシステムを解説します。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2021年もあとわずか。12月の予定立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: