東武、大師線で自動運転の検証を実施へ

2021年4月20日(火)16時41分

東武鉄道は20日、大師線にて自動運転の実施に向けた検証を実施すると発表した。

東武大師線(イメージ)
東武大師線(イメージ)

鉄道の自動運転は、国際公共交通連合(UITP)により、GoA0からGoA4までの5段階にレベル分けされている。東武鉄道が今回実施するのはGoA3で、避難誘導などを担当する添乗員は乗務するものの、列車の運転操作を担う運転士は乗務しない自動運転となる。

自動運転のレベル分け
自動運転のレベル分け

運転操作を担当する乗務員が乗車しない自動運転は、舞浜リゾートラインで実用化されている。また、JR九州においても、緊急時の停止手配が可能な添乗員が乗車する方式で、将来の実現に向けて実証運転を進めている。一方、大手私鉄においては、東武鉄道が初の事例となる。

大師線での自動運転は、2023年度以降に実施。夜間の試運転を中心に検証運転に取り組み、結果を踏まえて自動運転の実施を目指す。東武鉄道では、少子高齢化や沿線人口、労働人口の減少が進む中で、安全かつ利便性の高い輸送サービスを維持継続するため、業務の自動化や機械化を推進する必要があるとしている。

2021年4月20日(火)16時41分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全21件

東武 自動運転で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全13件

鉄道コムおすすめ情報

画像

315系の内装が発表

JR東海が、315系のインテリアデザインや車内設備を発表。2021年度に営業運転を開始予定。

画像

スペーシアリバイバル

東武鉄道の100系「スペーシア」が、デビュー時の塗装に。6月5日から順次運転開始。

画像

まだまだ活躍する古参車両

103系や113系、EF66形……。JRで活躍する古参形式の現状をまとめました。

画像

新駅は「越前たけふ」駅に

北陸新幹線延伸区間の新駅、仮称「南越」駅の駅名が「越前たけふ」駅に決定。

画像

新幹線に荷物を積載

九州新幹線で、個人利用可能な荷物輸送サービスを開始。5月18日から。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

鉄道未来インデックス

  • 三田線新車両導入 [2021年度]
  • 青梅駅ホーム増設[2022年度]
  • 和歌山線無線式ATC導入[2023年春]
  • 東海道・山陽新幹線コムトラック取替[2023年10月]
  • 京葉線新駅開業[2023年]
  • 北陸新幹線金沢~敦賀間開業[2024年春]
  • 東武鉄道自動運転検証開始[2023年度以降]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: