しなの鉄道、新型車両導入費用を投資ファンドで調達

2021年1月6日(水)14時47分

しなの鉄道SR1系
しなの鉄道SR1系

しなの鉄道とミュージックセキュリティーズは6日、しなの鉄道の新型車両導入に要する資金の一部を、ファンドを活用し募集することで合意したと発表した。

しなの鉄道が導入を進める新型車両のSR1系は、従来車両よりも消費電力を削減しているほか、沿線地域の様々な地域活性化の取り組みにも連動させることで地域経済の活性化にも寄与する「SDGs」に貢献するものだとしている。両社は今回、個人および機関投資家などの法人から、車両導入資金を募集。個人投資家には体験プランや鉄道ファン向けプランを設定し、法人に対しては投資によりSDGsへの貢献につながると訴えることで、資金を募るとしている。

募集金額は5000万円で、内訳は、個人投資家から3000万円、法人から2000万円。個人投資家は1口5万円から、法人は1口100万円から投資できる。募集期間は、1月14日から6月30日まで。個人投資家の投資分については、決済金額の半額を投資、残る半額を体験や沿線の特産品などの特典購入に充当。特典分については、観光列車の食事つき乗車券や、旧型車両の部品取り体験などのプランを、投資後に選択できる。

ミュージックセキュリティーズによると、第三セクター鉄道事業者の新型車両導入にファンドを活用する例は、日本初だという。また、第三セクター鉄道会社であるしなの鉄道にとっては、自治体にかかる損失補償のリスク軽減につながる新たなリスクマネーの調達で、県民や市民の負担軽減にもつながるとしている。

2021年1月6日(水)14時47分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

ひたちなか海浜鉄道延伸

ひたちなか海浜鉄道の延伸事業が認可。2024年春に約3.1キロが開業予定。

画像

姫路エリアに新駅設置

JR西日本が、山陽本線姫路~英賀保間に新駅設置を発表。開業は2026年春を予定。

画像

「ひのとり」統一へ

2月13日より、名阪甲特急は全列車が「ひのとり」で運転。乙特急も「アーバンライナー」へ統一。

画像

2021年の鉄道トピックス

新型車両やダイヤ改正など、2021年に予定されている鉄道のトピックスは?

画像

1月から終電繰り上げ

首都圏の鉄道各社局が、終電時刻の繰り上げを発表。1月20日から当面の間実施。

画像

1月の鉄道イベント一覧

今年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • ロマンスカーミュージアム開業[2021年4月中旬]
  • JR北海道「ラベンダー」編成運用開始 [2021年4月頃]
  • 南海Visaのタッチ決済実証実験[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: