しなの鉄道、新型車両SR1系を導入

2019年2月28日(木)18時10分

SR1系一般車両デザインイメージ
SR1系一般車両デザインイメージ

しなの鉄道は2月28日、新たに導入する車両の概要を発表した。型式名は「SR1系」。

SR1系は、現行の115系を置き換える車両。総合車両製作所の「サスティナ」シリーズから、JR東日本のE129系と同シリーズであるS23シリーズの車両として導入する。一般仕様のほか、座席をクロスシートとするライナー仕様も製造する。型式名は、「Shinano Railway 1」から命名。「新たな歴史の始まり」「オリジナル」の意味を持たせた。

SR1系のデザインは、デザインコンペにより決定した。一般車両では、外観に社員が地域や利用客に向ける情熱や温かさを表現した赤、地域の未来へ挑戦していく姿勢を表現したゴールドラインを配置。115系の塗装も継承している。内装では、座面にシンボルカラーの赤やグレーを、壁面に薄い木目を用いた白を配する。

ライナー車両では、外観で信州の風や沿線風景を表現。ロイヤルブルーやシャンパンゴールドを配し、観光利用者に向けて旅の上質感と高級感を演出する。シャンパンゴールドの4本線は、115系を継承している。車内では、クロスシートとロングシートの2モードを変換できる「デュアルシート」を採用。座席は、信州特産のリンゴをイメージした配色とする。床面は、木目調のブラウンのデザイン。このほか、ライナー車両には沿線11市町と長野県などをイメージしたシンボルマークを設定する。

車内設備としては、バリアフリートイレ、ドア開閉ボタン、車内案内表示 英語案内などを設置。またライナー編成のみの設備として、デュアルシートのほか、Wi-Fi設備、電源コンセント、カップホルダーを設ける。

SR1系は、2019年度から2026年度にかけて、2両編成26本を導入。このうち、2019年度に導入する3本については、観光振興を主目的に復活させるライナー用の車両とする。ライナー用車両は、2020年3月に納車され、7月に営業運転を開始する。平日朝夕は「しなのサンライズ」「しなのサンセット」といった通勤通学用として、土休日は観光利用目的の「軽井沢リゾートライナー」として運転予定。ライナー運用以外では一般列車にも充当する。

2019年2月28日(木)18時10分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関するツイート(新着順)

全30件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全21件

鉄道コムお知らせ

画像

近鉄「楽」入換体験ツアー

大和西大寺や名張などの車庫で入換体験できる限定ツアー。団体貸切用車両「楽」に乗車

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深い秘境駅に一票を

天塩川温泉駅、小幌駅、上有住駅、あぶくま駅、峠駅、塔のへつり駅、白丸駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

201系ラッピング

4月8日より、中央線で201系をモチーフとしたラッピングトレインが運転。

画像

あのアイスの硬さの秘密とは

人気をほこる車内販売のあの硬いアイス。硬さの秘密とは? 現在の販売箇所もあわせてご紹介。

画像

京とれいん雅洛デビュー

阪急京都線の観光特急「京とれいん 雅洛」が、3月23日に営業運転を開始。

画像

WEST EXPRESS 銀河

JR西日本の新たな長距離列車は「WEST EXPRESS 銀河」。エクステリアなども同時発表。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正や春休みイベントが目白押し。3月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 西武新型特急車両デビュー[2019年3月16日(土)]
  • 常磐線Jヴィレッジ駅開業[2019年4月20日(土)]
  • 関電トンネル電気バス運行開始[2019年4月中旬]
  • 相鉄12000系営業運転開始[2019年春]
  • JR東海ハイブリッド特急車両試験走行車完成[2019年末]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: