しなの鉄道、新型車両SR1系を導入

2019年2月28日(木)18時10分

SR1系一般車両デザインイメージ
SR1系一般車両デザインイメージ

しなの鉄道は2月28日、新たに導入する車両の概要を発表した。型式名は「SR1系」。

SR1系は、現行の115系を置き換える車両。総合車両製作所の「サスティナ」シリーズから、JR東日本のE129系と同シリーズであるS23シリーズの車両として導入する。一般仕様のほか、座席をクロスシートとするライナー仕様も製造する。型式名は、「Shinano Railway 1」から命名。「新たな歴史の始まり」「オリジナル」の意味を持たせた。

SR1系のデザインは、デザインコンペにより決定した。一般車両では、外観に社員が地域や利用客に向ける情熱や温かさを表現した赤、地域の未来へ挑戦していく姿勢を表現したゴールドラインを配置。115系の塗装も継承している。内装では、座面にシンボルカラーの赤やグレーを、壁面に薄い木目を用いた白を配する。

ライナー車両では、外観で信州の風や沿線風景を表現。ロイヤルブルーやシャンパンゴールドを配し、観光利用者に向けて旅の上質感と高級感を演出する。シャンパンゴールドの4本線は、115系を継承している。車内では、クロスシートとロングシートの2モードを変換できる「デュアルシート」を採用。座席は、信州特産のリンゴをイメージした配色とする。床面は、木目調のブラウンのデザイン。このほか、ライナー車両には沿線11市町と長野県などをイメージしたシンボルマークを設定する。

車内設備としては、バリアフリートイレ、ドア開閉ボタン、車内案内表示 英語案内などを設置。またライナー編成のみの設備として、デュアルシートのほか、Wi-Fi設備、電源コンセント、カップホルダーを設ける。

SR1系は、2019年度から2026年度にかけて、2両編成26本を導入。このうち、2019年度に導入する3本については、観光振興を主目的に復活させるライナー用の車両とする。ライナー用車両は、2020年3月に納車され、7月に営業運転を開始する。平日朝夕は「しなのサンライズ」「しなのサンセット」といった通勤通学用として、土休日は観光利用目的の「軽井沢リゾートライナー」として運転予定。ライナー運用以外では一般列車にも充当する。

2019年2月28日(木)18時10分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関するツイート(新着順)

全30件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全21件

鉄道コムおすすめ情報

画像

現役時代末期のSL

貴婦人、C61、ハチロクなど。1970年代に撮影された蒸気機関車の一部を紹介します。

画像

春のダイヤ改正リリースまとめ

JRグループなどが3月16日にダイヤを改正。各社のリリース一覧はこちらで。

画像

京成上野駅リニューアル竣工

3月19日、京成上野駅のリニューアル工事が完了。同日より、発車メロディを導入。

画像

原田線キハ31復活

2017年に原田線から撤退したキハ31形が、3月23日の1日に限り復活運転。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正や春休みイベントが目白押し。3月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 西武新型特急車両デビュー[2019年3月16日(土)]
  • 常磐線Jヴィレッジ駅開業[2019年4月20日(土)]
  • 関電トンネル電気バス運行開始[2019年4月中旬]
  • 相鉄12000系営業運転開始[2019年春]
  • JR東海ハイブリッド特急車両試験走行車完成[2019年末]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: