JR東、2021年春ダイヤ改正で終電時刻繰り上げへ

2020年9月4日(金)10時31分

列車時刻見直しのイメージ
列車時刻見直しのイメージ

JR東日本は3日、2021年春に実施するダイヤ改正において、終電時刻を繰り上げると発表した。

繰り上げ対象となるのは、主に東京100キロ圏内の路線。終電から始発列車までの間隔(列車間合い)を240分程度確保することを念頭に、終電時刻を30分程度繰り上げ、終着駅の到着時刻を概ね1時ごろとする。また、一部の路線では、始発列車の時刻繰り下げも実施する。

同社は、終電時刻の繰り上げについて、新型コロナウイルスの感染拡大による利用者の減少、および夜間の作業時間確保という課題を理由に挙げている。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、行動様式の変化が生まれたことにより、鉄道の利用者は大きく減少している。山手線では、新型コロナウイルス感染拡大前後を比較すると利用者は38%減少。このうち、終電付近のみを比較すると、66%減と大きく減少している。同社は、テレワークやEコマースの普及により、鉄道利用者は以前の水準には戻らないと推測。この状況下で、安全かつ利便性の高い鉄道サービスを提供するには、利用者の変化に柔軟に対応する必要があると説明している。

また、新型コロナウイルスの感染拡大以前から、少子高齢化による労働人口の減少で、線路保守要員の確保が困難となりつつある問題もある。同社では、今後10年で1~2割の作業員が減少すると見込む一方、設備の老朽化や、ホームドアなどの新規設備の増加によって、工事量が過去10年で約1割増加していると説明。スマートメンテナンスなど従来から進めてきた作業効率化の取り組みに加え、作業可能時間帯を増やす必要があるとしている。

終電時刻の繰り上げは、2021年春のダイヤ改正で実施する予定。実施線区や内容については、10月ごろに発表するとしている。また、朝の通勤時間帯を含むその他の時間帯についても、利用状況を踏まえたダイヤの見直しを進めるとしている。

2020年9月4日(金)10時31分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1417件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全661件

終電 繰り上げで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全42件

鉄道コムおすすめ情報

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

17000系デビュー

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が、2月21日に営業運転を開始。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

画像

千葉エリアの新型車両

千葉エリア向けの新型車両「E131系」。報道公開の際、筆者がファン目線で気になったこととは?

画像

カメラアワード結果発表

皆さまにご投票いただいた、鉄道の撮影に適したベストカメラ。その結果は?

画像

2月の鉄道イベント一覧

春のダイヤ改正まであとひと月。2月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • 西鉄天神大牟田線・貝塚線運賃変更[2021年3月6日(土)]
  • JR東タッチでエキナカサービス開始[2021年3月13日(土)]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: