JR東日本が検討を進める、アフターコロナを生き抜くための「時間帯別運賃」

2020年8月31日(月) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2020年に入り感染が拡大した新型コロナウイルスの影響で、外出の自粛や勤務のテレワーク化など、人々の行動に変化が表れています。これによって鉄道などの運輸業界は大きな影響を受けており、各社とも利用率の大幅減による危機を迎えています。

新型コロナウイルスの影響で、鉄道の利用者は大幅に減少しています(イメージ)
新型コロナウイルスの影響で、鉄道の利用者は大幅に減少しています(イメージ)

たとえば、JR東日本の2020年度第一四半期(4~6月期)決算では、営業収益が前年同期比で2942億円(56.0%)減、うち運輸収入が前年同月比で2829億円(61.1%)減で、ともに9期ぶりの減収。また、初めて営業損失・経常損失・四半期純損失を計上しています。

そのような状況の中、JR東日本の深澤祐二社長は、「時間帯別運賃」の導入を検討していると7月に言及。JR西日本の長谷川一明社長も会見で「お客様のご利用がコロナ前の状態に戻らない前提で、持続可能な経営を行うため、私どもの商品であるダイヤ、運賃・料金、サービス提供のあり方について大きな課題認識を持っています」と説明するなど、他社でも追従する動きがありました。

時間帯別運賃は、鉄道の営業時間をピーク時間帯とオフピーク時間帯に分け、ピーク時間帯はその他の時間帯よりも割高な運賃を設定するというものです。

時間帯別運賃の導入で、ピーク時とオフピーク時の2つの料金体系が生まれるかも(イメージ)
時間帯別運賃の導入で、ピーク時とオフピーク時の2つの料金体系が生まれるかも(イメージ)

海外では、ロンドン地下鉄などを運行するロンドン交通局(Transport for London)が、これを導入しています。ロンドン地下鉄では、平日の6時30分~9時30分と16時~19時をピーク時間帯とし、ICカード「オイスターカード」を利用する場合には、ピーク時間帯以外では割安な運賃を設定しています。

時間帯別運賃を導入しているロンドン地下鉄
時間帯別運賃を導入しているロンドン地下鉄

このような運賃体系を導入することで、一般的には、ピーク時間帯からオフピーク時間帯への利用者の転移による混雑緩和が期待できます。

この時間帯別運賃ですが、日本では各社とも検討段階としており、具体的な内容は見えてきません。どのような導入方法が想定されるのでしょうか。

ロンドン地下鉄では、ICカードを利用すると時間帯別運賃が適用されますが、紙のきっぷを購入する場合には、全時間帯でICカードよりも割高な運賃が適用されます。日本でも、紙のきっぷの運賃を基本とし、これを値上げした上で、ICカードでオフピーク時間帯に乗車する場合には割り引く、といった方法が想定されます。

一方、金額を割り引くのではなく、ポイントの付与による実質的な還元という手段もあります。東京メトロでは、新型コロナウイルス問題の発生以前から、有楽町線豊洲駅や東西線の利用者を対象に、ピーク時間帯を外して利用すると同社のポイントサービス「メトポ」を付与する企画を実施しています。同様に、オフピーク時間帯の利用者全員にポイントを付与する方法であれば、二段階の運賃を設定するよりも簡便ではあります。

東京メトロでは、東西線などでピーク時間帯を外した利用者にポイントを付与するキャンペーンを実施しています
東京メトロでは、東西線などでピーク時間帯を外した利用者にポイントを付与するキャンペーンを実施しています

一部報道によれば、JR東日本の深澤祐二社長は、まずは定期券での導入を検討しており、ポイントの活用も考えていくとしています。しかしながら、具体的な方針については、各社とも検討段階にあり、明確に見えていないのが現状です。

利用時間帯によっては実質的な値上げとなる時間帯別運賃の導入は、多くの利用者にとって、理解はあっても諸手を挙げて賛成できるものではないかもしれません。ですが、アフターコロナの時代を鉄道事業者が生き抜くためには、避けては通れない道なのかもしれません。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コム×オマツリジャパン

画像

乗ってみたい観光列車に一票を

SLばんえつ物語、飯田線秘境駅号、あめつち、36ぷらす3、ながら、坊っちゃん列車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

お披露目された「36ぷらす3」

JR九州の新D&S列車「36ぷらす3」。黒いデザインとなった外観や、大きく変わった車内などをご紹介します。

画像

鉄路復旧の代わりに走るBRT

相次ぐ災害で被害を受ける鉄道。復旧手段として、近年はバス専用道を活用する「BRT」が取り上げられることがあります。

画像

半蔵門線に新型車両導入

半蔵門線の新型車両「18000系」。2021年上半期より順次営業運転を開始。

画像

熊電のくまモン1号引退

熊本電気鉄道の6000形「くまモンのラッピング電車」1号が11月27日をもって運転終了。10月から引退イベントも。

画像

渋谷駅「玉川改札」

9月25日をもってその役目を終えたJR渋谷駅の「玉川改札」。同改札の由来などを紹介します。

画像

10月の鉄道イベント一覧

朝晩は冷える季節となりました。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。