鉄道コム

JR北海道の新型車両、「DECMO」は函館線で運用へ

2019年9月11日(水)14時44分

H100形「DECMO」
H100形「DECMO」

JR北海道は11日、H100形電気式気動車「DECMO」の投入線区などについて発表した。

DECMOは、ディーゼルエンジンで発電し、モーターを回す電気式気動車。国鉄時代に製造されて老朽化したキハ40系などの在来車を置き換えるために開発した。

当初の投入線区は、函館線の小樽~長万部間。同区間のワンマン列車全てをDECMOに置き換える。また、早朝に運転する札幌発然別行き列車1本にも充当する。

DECMOの営業運転開始予定は、2020年春。現在は量産車の製造が進められており、2019年9月に6両が納車。2020年1月にも7両が納車予定で、量産先行車2両とあわせ、15両体制での営業運転を開始する。

2019年12月13日(金)18時18分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全162件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全341件

DECMOで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全188件

鉄道コムおすすめ情報

画像

日暮里・舎人ライナー車両置き換えへ

6月25日、日暮里・舎人ライナーの330形3次車が、営業運転を開始。300形は順次置き換えに。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の「青い電車」3000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

黄色一色から脱却した理由は?

岡山・備後エリアに導入される227系。「黄色一色」のデザインから変化した理由を聞きました。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: