JR北、H100形電気式気動車「DECMO」を投入

2017年7月14日(金)17時51分

H100形(イメージ)
H100形(イメージ)

JR北海道は12日、電気式駆動システムを採用する一般形気動車として、H100形の投入を発表した。愛称は「DECMO」(デクモ)。

導入する新型一般形気動車の形式名称は、「H100形」。ディーゼルエンジンと発電機による電力を使い、モーターで走ることから、「Diesel Electric Car with Motors」の英語名称をあて、その頭文字などから、愛称を「DECMO(デクモ)」とする。同社としては初となる電気式駆動システムを採用した気動車で、JR東日本が新潟・秋田エリアで導入を予定している電気式気動車「GV-E400系」と基本的な仕様を合わせたうえ、北海道向けの車両として極寒対策等を施す。

車体はステンレス鋼製。外観は、ステンレス鋼体の色調をベースに、グリーンとホワイトのラインを入れ、先頭部は黒を基調色とし、警戒色としてイエローを加える。内装のカラーリングには、グリーンやブルーを用いる。座席は、ロングシートとクロスシートを配備。車いすに対応するスペースやトイレも設ける。案内表示を兼ねた液晶の運賃表示器の設置、LED照明の使用も行う。定員は、座席36人分を含め、99人。

同社では、2018年2月落成をめざし、H100形の量産先行車2両を製造。2019年3月にかけて走行試験等を行い、冬期を含む形で各種検証を実施する。H100形は、同社管内のローカル線区で主に運用しているキハ40形の置き換え用として投入する。

2017年7月14日(金)17時51分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

  • JR北海道は10日、キハ40形の置き換え用として、新型の一般気動車を新造すると発表した。

  • ***、******************

    • 2017年7月5日(水)

    (この記事は鉄道コム有料会員になるとご覧になれます)

このニュースに関するツイート(新着順)

全4件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全18件

  • JR東日本は、新潟・秋田地区向けに電気式気動車のGV-E400系を導入することを発表していましたが、このほど遂にその姿が目撃されたようです。GV-E400系は2018年初めに量産先行車として、GV-E401形+GV-E402形の2...

    はやてこまち1号さんのブログ

  • 2017.9.5(Tue)の「何これ?」 

    • 2017年9月5日(火)

    毎度!おばんです!今日の、ミスター牽引のコキ107甲種は「仕事の都合」で参戦できず・・・でも、夕方に「気になる構体」に遭遇!川重南側・機関車職場に向かってくる「謎の構体」・・・どうやら今日はここに留ま...

  • 今月に入り、JR東日本とJR北海道が新型一般気動車の導入を発表し、過去に北海道や東北を訪問した際に利用した以下の車両も置き換えの対象です。▲八戸線 久慈駅にて▲室蘭線 岩見沢方面 苫小牧にて JR東日本:...

    fushimizuさんのブログ

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

思い入れのある路線に一票を

可部線、高砂線、鍛冶屋原線、幸袋線、宮原線、上山田線、矢部線、山野線、大隅線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

11月の鉄道イベント一覧

紅葉シーズン到来。11月も鉄道イベントが多くなっています。現在200件以上の情報を掲載中…

画像

115系「スカ色」の旅

しなの鉄道開業20周年記念企画で、黒姫~戸倉~軽井沢間を横須賀色車両が運行

鉄道未来インデックス

  • JR東海在来線運転士用タブレット端末導入[2017年11月28日(火)]
  • E653系U107編成ハマナス色出場[2017年12月中旬]
  • JR東レール輸送用新型気動車性能試験開始[2017年冬以降]
  • スルッとKANSAI利用終了[2018年1月末]
  • JR北海道新型気動車量産先行車投入[2018年2月]
  • 東急大井町線急行7両化完了[2018年3月]
  • 小田急新型ロマンスカー70000形導入[2018年3月]