JR北、H100形電気式気動車「DECMO」を投入

2017年7月14日(金)17時51分

H100形(イメージ)
H100形(イメージ)

JR北海道は12日、電気式駆動システムを採用する一般形気動車として、H100形の投入を発表した。愛称は「DECMO」(デクモ)。

導入する新型一般形気動車の形式名称は、「H100形」。ディーゼルエンジンと発電機による電力を使い、モーターで走ることから、「Diesel Electric Car with Motors」の英語名称をあて、その頭文字などから、愛称を「DECMO(デクモ)」とする。同社としては初となる電気式駆動システムを採用した気動車で、JR東日本が新潟・秋田エリアで導入を予定している電気式気動車「GV-E400系」と基本的な仕様を合わせたうえ、北海道向けの車両として極寒対策等を施す。

車体はステンレス鋼製。外観は、ステンレス鋼体の色調をベースに、グリーンとホワイトのラインを入れ、先頭部は黒を基調色とし、警戒色としてイエローを加える。内装のカラーリングには、グリーンやブルーを用いる。座席は、ロングシートとクロスシートを配備。車いすに対応するスペースやトイレも設ける。案内表示を兼ねた液晶の運賃表示器の設置、LED照明の使用も行う。定員は、座席36人分を含め、99人。

同社では、2018年2月落成をめざし、H100形の量産先行車2両を製造。2019年3月にかけて走行試験等を行い、冬期を含む形で各種検証を実施する。H100形は、同社管内のローカル線区で主に運用しているキハ40形の置き換え用として投入する。

2017年7月14日(金)17時51分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

  • JR北海道は10日、キハ40形の置き換え用として、新型の一般気動車を新造すると発表した。

  • ***、******************

    • 2017年7月5日(水)

    (この記事は鉄道コム有料会員になるとご覧になれます)

このニュースに関するツイート(新着順)

全178件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全164件

  • イメージ 1

    2回目のご無沙汰

    • 12時間41分前

    新年度開始に異動転勤に身内の逝去まで重なり、しばらくブログどころか模型趣味も断念中。 今後しばらくの間、更新が止まることになると思いますが、ご理解をいただければと思います。 そんなわけで、模型中心...

  • イメージ 1

    夕方の苗穂運転所内は大混雑

    • 2018年6月3日(日)

    こんばんは。日中に偶然目撃した「オホーツク」幕のキロ9のその後が気になって、夕方の『オホーツク3号』の編成を確認すべく再び苗穂へ。しかし手前側の編成に隠れていて見えないので、苗穂駅6番線ホームから...

    鉄ちゃん坊やさんのブログ

  • この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。  本日も実に気持ちの良い青空の広がった関西。 絶好の朝練日和でもあり、鉄仲間さんから前夜に朝練のお誘いをいただいいていたのですが、今朝は起床事故を起こ...

鉄道コムおすすめ情報

画像

えちぜん鉄道高架化記念1日券

6月24日、えちぜん鉄道の福井駅付近の高架化が完成。同日、記念フリーきっぷが発売。

鉄道未来インデックス

  • 都営浅草線5500形導入[2018年6月30日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: