西谷~羽沢横浜国大間の運賃を認可申請、相鉄

2019年2月27日(水)11時25分

加算運賃設定区間
加算運賃設定区間

相模鉄道は26日、建設中の神奈川東部方面線のうち、西谷~羽沢横浜国大間の旅客運賃設定について、国土交通省に認可申請した。

認可申請した運賃は、神奈川東部方面線の同社区間「相鉄新横浜線」のうち、西谷~羽沢横浜国大間と、同区間と他の区間をまたがって乗車する場合に適用される加算運賃。加算運賃は、基本運賃に加えて設定するもので、その上限運賃を今回申請した。普通旅客運賃での加算運賃は30円。同運賃の適用により、ICカード利用時の大人普通運賃は、相鉄線横浜~羽沢横浜国大間が225円、湘南台~羽沢横浜国大間が358円などとする。

また、西谷~羽沢横浜国大間の開業にあわせ、大崎・新宿方面への直通運転を行うJR東日本では、同社の直通線区間の運賃設定について、26日に発表。運賃計算上の分岐駅を鶴見駅とし、電車特定区間の運賃を適用するほか、鶴見~羽沢横浜国大間を東京近郊区間に加えること、羽沢横浜国大駅を特定都区市内制度の「横浜市内」の駅とすることなどを明らかにした。ICカード利用時の大人普通運賃は、新宿・渋谷・東京~羽沢横浜国大間が550円、武蔵小杉~羽沢横浜国大間が302円など。相鉄線の各駅まで乗車する場合は、相鉄線の運賃を合わせた額となり、新宿・渋谷・東京~二俣川間が754円、新宿・渋谷・東京~湘南台間が908円などとなる。

西谷~羽沢横浜国大間の開業と、JR・相鉄線の直通運転開始は、2019年度下期の予定。同時期までに消費税率が引き上げられた場合、増税分を加えた運賃改定の変更認可申請を行うとしている。

2019年2月27日(水)11時25分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全39件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全108件

鉄道コムおすすめ情報

画像

赤い電車が新宿に

箱根登山鉄道線全線再開を記念して、小田急電鉄の「赤い1000形」が、小田急線全線で運転。

画像

飯田橋駅新ホーム

工事が続いていたJR飯田橋駅。7月12日に新ホームと西口新駅舎が供用を始めました。変化した点などを紹介します。

画像

新幹線の「特大荷物」持ち込み

5月から「特大荷物」の持ち込みが事前予約制となった東海道新幹線。夏休みシーズン前に、ルールをおさらいしましょう。

画像

「etSETOra」10月デビュー

広島エリアを走る新たな観光列車「etSETOra」(エトセトラ)が、10月3日に営業運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 川越線川越駅リニューアル竣工[2020年7月]
  • ロイヤルエクスプレス北海道運行[2020年8月~9月]
  • 新大久保駅改良工事竣工[2020年]
  • 横浜駅改札内新通路使用開始[2020年夏]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: