相鉄、JR直通線用の新型車両を導入

2018年10月3日(水)17時42分

12000系(イメージ)
12000系(イメージ)

相模鉄道は3日、新型車両「12000系」を導入すると発表した。

12000系は、相鉄線と都心方面の路線を結ぶ「神奈川東部方面線事業」のうち、「相鉄・JR直通線」向けに新造する車両。総合車両製作所が製造を担当する。2018年2月に営業運転を開始した20000系と同様に、同社グループの「デザインブランドアッププロジェクト」のコンセプトを反映した車両とする。

車体エクステリアは、20000系や9000系リニューアル車両と同様、横浜の海をイメージした濃紺色「YOKOHAMA NAVYBLUE」を使用。20000系に引き続き、塗装車体とする。先頭形状は、能面の1つである「獅子口」をイメージしたデザイン。また、11000系と同様、裾絞りのある車体断面を採用する。

インテリアは、20000系の使用を踏襲し、グレー系統の色で統一。時間帯で色調が変化する調色調光式のLED照明や、全ての車両へのベビーカー・車椅子用フリースペース設置、一部座席への「ユニバーサルデザインシート」の導入、個別ドアスイッチの設置なども、20000系に引き続き実施する。

搭載機器などは、制御装置に11000系と同型のIGBT素子採用VVVFインバータを使用。また、防音車輪の採用により騒音を低減する。ホームドア設置駅で自動停車可能なTASC(定位置停止装置)に対応するほか、相互直通運転への対応として、車両情報処理装置(TIMS)の共通化、車両システムへの会社間切り替え機能などの本格搭載を実施する。このほか、相鉄初となる前方監視カメラ、車内防犯カメラを設置し、安全・安心の更なる向上を目指す。車両の開発コンセプトは、「安全×安心×エレガント~目先のトレンドに左右されない『醸成するデザイン』~」。

12000系は、2019年春に営業運転開始を予定。当初は10両編成1本を導入し、2019年度末までに全6編成60両を導入するとしている。

2018年10月3日(水)17時42分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全233件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全83件

相鉄 12000系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全11件

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深い鉄道遺産に一票を

旧豊後森機関庫、旧九州鉄道本社、旧大正林道遺構群、若桜駅給水塔、近鉄澱川橋梁、旧長浜駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

境線にICOCA導入

境線の車両に車載型IC改札機を搭載し、境線にICOCAを導入。3月16日から。

画像

春のダイヤ改正リリースまとめ

JRグループなどのダイヤ改正日は3月16日。各社のリリースはこちらから。

画像

鉄道模型でダイヤ運転

鉄道模型でダイヤに沿った運転を展示する「RFC」、そのイベントの模様をご紹介します。

画像

鉄道リポート 進化する湘南モノレール

リニューアル開業した湘南江の島駅をはじめ、湘南モノレールの見どころをご紹介します。

画像

12月の鉄道イベント一覧

12月や年末年始の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 丸ノ内線向け新型車両導入[2019年2月]
  • JR神戸線通勤特急運転開始[2019年春]
  • 西武新型特急車両デビュー[2019年3月]
  • 新快速有料座席サービス導入[2019年春]
  • 養老鉄道旧東急7700系導入[2018年度]
  • 広島電鉄5200形営業運転開始[2019年3月末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: