東京メトロ、丸ノ内線用の新型車両を報道公開

2018年10月11日(木)10時10分

丸ノ内線用の新型車両2000系
丸ノ内線用の新型車両2000系

東京メトロは11日、丸ノ内線用の新型車両「2000系」を、報道陣に公開した。

2000系は、2019年2月中旬の営業運転開始を予定する車両。丸ノ内線用としては約30年ぶりの新型車両となる。銀座線1000系で培った技術をさらに発展させ、高密度かつ大量輸送を安定・安全・快適に実現できる技術を採用したとする。

車体デザインは、丸ノ内線の特徴から導き出したキーワード「地上」「活気」「先進的」に基づいた、「東京に活力を与えるインパクトのある」もの。丸ノ内線の「丸」から、車両内外に丸をモチーフとしたデザインを取り入れている。

車体外観には、赤系統の「グローイング・スカーレット」をメインに採用。アクセントとして、初代丸ノ内線車両である300形から受け継がれる「サインウェーブ」を織り込んだ。車両部設計課 課長補佐の永井氏は、「斬新なデザインとしながらも、従来車両の面影を盛り込んだ」と語った。

内装では、球面形状の天井パネルを採用。中央天井を高くし、開放的な車内空間を演出する。車端部には、東京メトロ初となる丸窓を配置。付近には小物テーブルや荷物掛け、モバイル機器充電用コンセントを設置し、車内快適性を向上させる。座席についても、クッション性を改良したものを採用。このほか、日比谷線用13000系なと同様に、ステレオ方式の車内放送システムを装備。音楽を流すこともできるという。

案内表示器類は、車外では前面と側面に行先表示器を設置。側面への表示器の設置は、丸ノ内線では初となる。車内では、13000系などと同様に、17インチワイド液晶3枚を使用した車内表示器を設置する。このほか、戸袋部へのデジタルサイネージ設置も考慮されており、準備工事も施行済みだというが、本設置については現段階では未定だという。

床下搭載機器は、丸ノ内線中野車両基地で検査を受けることもある1000系と、基本的に同等の構成となる。1000系より大型の車体になったことによる配置の難しさの緩和や、重量増に伴うブレーキ強化などの違いはあるものの、1000系と設備を共通とすることで、メンテナンス性などを向上させる。モーターは永久磁石同期モーター(PMSM)を、制御装置はフルSiCモジュール使用のVVVFインバータ装置を採用。曲線通過時の騒音低減を目指す片軸操舵台車や、停電時に最寄駅まで自走できる非常走行用蓄電池を装備する。また、2000系独自の装備として、不慮の脱線時に自動で列車を停止させる、脱線検知装置を搭載した。このほか、2022年度の稼動予定となる、無線式列車制御システム(CBTC)の搭載にも対応している。

2019年2月中旬の営業運転開始を予定する2000系。今後は、本線用の02系6両編成全編成を置き換える53本を導入予定となる。02系には、中野坂上~方南町間の支線で活躍中の3両編成も6本存在するが、車両部設計課 課長の荻野智久氏は、こちらの置き換えについては「検討中でお答えできない」と語った。

2018年10月11日(木)16時0分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全218件

丸ノ内線 2000系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全169件

鉄道コムお知らせ

画像

「電車の顔図鑑」シリーズのTシャツはいかが?

書籍「電車の顔図鑑」シリーズが、イラスト入りTシャツに。寝台客車の星マーク入りTシャツも。

鉄道コムおすすめ情報

画像

名古屋市営地下鉄24時間券

名古屋市交通局が「地下鉄全線24時間券」を発売へ。発売開始日は5月27日。現行の地下鉄一日乗車券は5月26日まで。

画像

天賞堂が移転開業

鉄道模型の老舗、天賞堂の銀座本店が移転開業。気になる店内は?

画像

改元関連イベント続々

平成から令和へ。改元を記念したきっぷ、列車などの情報が各社から続々と発表。リリース一覧でご覧ください。

画像

Laviewが新宿線へ

西武の新型特急「Laview」が、ゴールデンウィーク期間中に新宿線で運転。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ平成最後の月。4月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • あいの風とやま鉄道一万三千尺物語運転開始[2019年4月6日(土)]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年4月25日(木)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: