鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

性能が「良すぎて」失敗!? JR貨物黎明期の「超ハイパワー機関車」たち

2024年6月1日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR貨物の貨物列車では、編成が長いものだと26両編成(貨車のみ、以下同)で、コンテナ換算では650トンもの貨物を運ぶことができます。これ以上を運ぼうとすると、長い編成に対応した駅設備の整備ももちろんですが、けん引する機関車のパワーアップが必要です。JR貨物が発足してすぐの頃、そのような発想で、現在活躍する車両以上のハイパワーな機関車が登場しました。

1990年に試作機が登場したEF200形。JR貨物の独自車両としては初めて開発された機関車でした
1990年に試作機が登場したEF200形。JR貨物の独自車両としては初めて開発された機関車でした

1990年に試作機が登場したEF200形は、JR貨物の機関車としては初めて一から開発された形式です。1両で超高出力を発揮できるのが特徴で、そのスペックは6000キロワット(1時間定格、以下同)。現在東海道本線などの貨物列車の主力として活躍するEF210形が3390キロワット、2車体連結タイプのEH200形でも4520キロワットですから、群を抜いた性能でした。

EF200形は直流専用の機関車でしたが、JR貨物は同時期に、交直両用のEF500形も開発していました。こちらもEF200形同様に6000キロワット級という性能で、東北本線系統や日本海縦貫線系統(北陸本線、羽越本線など)への投入を目指していました。加えて、EF500形よりも少し小さい、2つの台車を装備した4000キロワット級の機関車、ED500形も、メーカー主導で開発されていました。

交直両用のEF500形。現在は広島車両所で保存されています(HT30検銭さんの鉄道コム投稿写真)
交直両用のEF500形。現在は広島車両所で保存されています(HT30検銭さんの鉄道コム投稿写真)

このようなハイスペック車両が開発された背景は、バブル景気の影響で貨物需要が増えていたという、時代の流れがありました。EF200形などは、従来の国鉄型機関車の置き換えに加え、貨物列車の増結を目的に、超ハイパワー機関車として開発されたのです。EF200形においては、最終的には貨車32両編成の貨物列車をけん引する想定だったといいます。

しかし、EF200形などの3形式は、車両単体で見れば失敗に終わってしまいます。特にEF200形とEF500形は、走行路線の変電所容量が少なかったため、その高性能を発揮できる見込みが立ちませんでした。変電所の増設自体は検討されていたのですが、バブル崩壊による需要減少で計画は完遂できず終わっています。最終的に、EF500形とED500形は、導入線区に対して性能が過剰であるという判断から、本格導入を断念。貨物列車が多い東海道・山陽本線に投入されたEF200形は量産こそされたものの、性能は従来車なみに制限されます。当初目論んだ32両編成の貨物列車の運転構想は、実現せずに終わりました。

現在の東海道・山陽本線における貨物けん引の主力、EF210形
現在の東海道・山陽本線における貨物けん引の主力、EF210形

EF200形は、JR貨物初のVVVFインバータ制御車両ということで、そのノウハウ自体は続く各型式に引き継がれているため、決して無駄になったというわけではありません。しかし、これら3形式がフルスペックを発揮していれば、今は貨物列車も違った様相となっていたかもしれません。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ビューさざなみ・わかしお復活

定期運用を退いた255系による臨時特急。9月7日に東京~館山間、8日に東京~安房鴨川間で運転。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。