鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

大型トラック28台分! 夜を駆ける「スーパーレールカーゴ」

2021年7月17日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東京~大阪間を走る貨物電車「スーパーレールカーゴ」
東京~大阪間を走る貨物電車「スーパーレールカーゴ」

日本国内の貨物列車は、ほとんどが機関車が貨車を引っ張るスタイルとなっています。しかしながら、東海道本線ではこの例外となる貨物電車「スーパーレールカーゴ」が運転されています。

スーパーレールカーゴは、2004年に運転を開始した貨物電車。M250系16両編成によって運転され、東京側の東京貨物ターミナル駅と、大阪側の安治川口駅を、下りは6時間12分、上りは6時間11分で結んでいます。列車は佐川急便の貸し切りで、積載するコンテナはすべてSGホールディングス塗装となっています。

この列車の特徴は、機関車がコンテナ貨車をけん引するのではなく、自走できる車両にコンテナを積載する「電車」となっていること。電車とすることで車両性能を高め、従来の機関車けん引列車では最高時速110キロのところを、スーパーレールカーゴでは最高時速130キロと、旅客特急電車並みの高速化を実現しています。

M250系は、編成両端の各2両がモーター車となっており、モーター車には31フィート(約9400ミリ)コンテナ1個、モーター非搭載車には同コンテナ2個、編成全体ではコンテナ28個を積載可能。最大(26両編成時)で31ftコンテナを52個積載可能なコンテナ貨物列車には劣りますが、それでも大型トラック28台分の荷物を一度に運ぶことができます。

スーパーレールカーゴは、走行時間帯が深夜・早朝のため、普段見ることは難しい列車ではありますが、東京~大阪間の輸送を担う重要な列車として、人知れず夜の東海道本線を駆けています。

スーパーレールカーゴの運転時刻(2021年現在)

  • 第51列車
    • 東京貨物ターミナル(23:14発)~安治川口(翌5:26着)
    • 日曜発は運休
  • 第50列車
    • 安治川口(23:09発)~東京貨物ターミナル(翌5:20着)
    • 日曜発は運休
大阪側の発着地である安治川口駅
大阪側の発着地である安治川口駅

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

関連鉄道リポート

鉄道コムおすすめ情報

画像

2027年に500系引退

2027年をめどに運用終了すると発表。N700系の8両短縮編成で置き換えへ。

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。