鉄道コム

鉄道コらム

大型トラック28台分! 夜を駆ける「スーパーレールカーゴ」

2021年7月17日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東京~大阪間を走る貨物電車「スーパーレールカーゴ」
東京~大阪間を走る貨物電車「スーパーレールカーゴ」

日本国内の貨物列車は、ほとんどが機関車が貨車を引っ張るスタイルとなっています。しかしながら、東海道本線ではこの例外となる貨物電車「スーパーレールカーゴ」が運転されています。

スーパーレールカーゴは、2004年に運転を開始した貨物電車。M250系16両編成によって運転され、東京側の東京貨物ターミナル駅と、大阪側の安治川口駅を、下りは6時間12分、上りは6時間11分で結んでいます。列車は佐川急便の貸し切りで、積載するコンテナはすべてSGホールディングス塗装となっています。

この列車の特徴は、機関車がコンテナ貨車をけん引するのではなく、自走できる車両にコンテナを積載する「電車」となっていること。電車とすることで車両性能を高め、従来の機関車けん引列車では最高時速110キロのところを、スーパーレールカーゴでは最高時速130キロと、旅客特急電車並みの高速化を実現しています。

M250系は、編成両端の各2両がモーター車となっており、モーター車には31フィート(約9400ミリ)コンテナ1個、モーター非搭載車には同コンテナ2個、編成全体ではコンテナ28個を積載可能。最大(26両編成時)で31ftコンテナを52個積載可能なコンテナ貨物列車には劣りますが、それでも大型トラック28台分の荷物を一度に運ぶことができます。

スーパーレールカーゴは、走行時間帯が深夜・早朝のため、普段見ることは難しい列車ではありますが、東京~大阪間の輸送を担う重要な列車として、人知れず夜の東海道本線を駆けています。

スーパーレールカーゴの運転時刻

  • 第51列車
    • 東京貨物ターミナル(23:14発)~安治川口(翌5:26着)
    • 日曜発は運休
  • 第50列車
    • 安治川口(23:09発)~東京貨物ターミナル(翌5:20着)
    • 日曜発は運休
大阪側の発着地である安治川口駅
大阪側の発着地である安治川口駅

関連鉄道リポート

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

789系、E235系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

駒沢大学駅リニューアル

東急電鉄が、駒沢大学駅のリニューアル工事を開始。地下区間の他4駅も順次リニューアルへ。

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。