鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

春の「185系」どれくらい走る? JR東日本「春の臨時列車」運転計画が発表に 

2024年1月20日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

1月19日、JR東日本が春(3月~6月)の臨時列車の運転計画を発表しました。

鉄道ファンの人気を集める、JR東日本では最後の国鉄型特急車両となった185系。現在は臨時列車で使用されていますが、春もさまざまな列車に登板することが発表されました。

185系(画像は定期列車充当時代のもの)
185系(画像は定期列車充当時代のもの)

この春に185系で運転されるのは、すでにおなじみとなった特急「185いっぱーごをはじめとする5本です。特急185は、これまで横浜方面~伊東間での運転でしたが、今回は土曜日運転の列車に限り、伊豆急下田駅発着となっています。

また、3月30日には、碓氷峠鉄道文化むらのイベント開催にあわせ、大宮~横川間で「峠の横川ナイトパーク号」が運転されます。このほか、両毛線方面の「あしかが大藤新宿号」「あしかが大藤吉川美南号」、上越国境を越える「谷川岳ループ」「谷川岳もぐら」が、185系での運転となると発表されています。

3月16日のダイヤ改正では、房総方面の特急列車で使用されてきた255系が、定期列車から撤退します。しかし、臨時列車では今後も活躍が続くよう。ダイヤ改正以降の「新宿さざなみ」は、E257系5両編成、または255系のいずれかで運転されると発表されました。

臨時列車で「現役続行」の255系
臨時列車で「現役続行」の255系

SL列車にも注目です。3月24日と30日には、高崎~桐生間で「SLぐんまレトロ桐生」「ELレトロぐんま桐生」が運転されます。両毛線の高崎側でSL列車が走るのは、2014年11月3日の「SLシルク両毛」」以来(両毛線全体では2018年5月に小山~足利間で運転された列車以来)ということ。約10年ぶりに、伊勢崎や桐生を、SLが走る姿が見られるようです。

高崎地区のSL(イメージ)
高崎地区のSL(イメージ)

高崎支社のSL列車は、普段は上越線の高崎~水上間、信越本線の高崎~横川間で運転されています。しかし、上越線については、冬や早春は北部で雪の影響があるため、これまでSL列車の運転が避けられてきました。そんなお休み期間だったSLを活用したのが、今回の「SLぐんまレトロ桐生」。JR東日本高崎支社の広報担当者は、「普段とは異なる区間で、みなさまにSLをお楽しみいただきたい」と、両毛線でのSL列車設定理由について説明しました。

高崎支社管内では、上越線の高崎~渋川間でも、3月23日に「SLぐんま伊香保」「ELぐんま伊香保」が運転されます。こちらも両毛線のSL列車と似たような理由で設定された列車。「冬の臨時列車」の期間内ではありますが、2月17日にも運転される予定です。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

山手線1周のイベント列車

8月17日に開催の「東京まるっと山手線」。E235系による貸切列車で、山手線を1周する企画。

画像

東北で「えきねっとQチケ」

JR東日本のQRチケットレスサービス「えきねっとQチケ」、10月1日から。まずは東北エリアで提供。

画像

ひたちなか海浜鉄道にキハ100

キハ205の置き換え用などで、JR東日本からキハ100形3両を購入。うち1両は観光列車仕様に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。