鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

上越線のSL、今冬は「普段より短い区間」で運転 列車名も違う理由は? JRに聞く

2023年10月21日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

10月20日、JR各社が冬の臨時列車の運転計画を発表しました。今回は高崎地区のSL列車に、普段とは異なる列車名が見られました。

高崎地区のSL(イメージ)
高崎地区のSL(イメージ)

高崎地区のSL列車は、上越線では「SLぐんまみなかみ」、信越本線では「SLぐんまよこかわ」という名称で運転されるのが一般的です。しかし今回は、上越線では「SLぐんま伊香保」、信越本線では「SL湯らりーといそべ」という名称での運転に。上越線では、通常は高崎~水上間1往復の運転が一般的ですが、今回は高崎~渋川間2往復の運転に変わっています。

JR東日本 高崎支社の広報担当者に聞くと、上越線のSL列車は、「冬季は降雪のおそれがあるため、基本的には運転していない」と説明します。一方で、降雪の影響を受けやすいのは水上駅寄りの一部区間に限られるので、今回は影響を受けないエリアでSLを走らせようとなったのだそう。伊香保温泉への最寄り駅である渋川駅まで走らせることで、温泉利用者の誘客を図るとしています。

信越本線のSL列車「SL湯らりーといそべ」については、地図の「温泉マーク」が磯部温泉発祥であることを記念したイベントにあわせ、これを運転するということ。列車名は、温泉を想起させる「湯」や、ゆったりとした旅などを連想させる「ゆらり」などを盛り込んだ列車名としたと、広報担当者は説明しています。

SL列車ではありませんが、高崎支社管内では他にも、信越本線の「EL横川ナイトパーク」「DL横川ナイトパーク」、両毛線の「EL両毛」「ELあしかが」と、先述したSL列車の対となる「ELぐんま伊香保」「EL湯けむり碓氷横川」の運転が発表されています。

関連鉄道コらム

関連鉄道イベント情報

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道コムおすすめ情報

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。