鉄道コム

鉄道コらム

11年ぶりに列車が走行!その裏で…… 今週一週間の鉄道ニュース

2022年7月24日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

22日に「相鉄・東急直通線」のレール締結式が開催され、新路線の開業に一歩近づいた感のある今週一週間(7月18日~24日)。この一週間の話題の中から、鉄道コム注目の内容をお届けします。

7月20日、只見線の会津川口~只見間で、試運転列車の運転が始まりました。2011年の豪雨被害により、10年以上も不通状態が続いている同区間。10月1日の運転再開に向けた準備が着々と進められています。

復旧工事中の第5只見川橋りょう(画像:JR東日本)
復旧工事中の第5只見川橋りょう(画像:JR東日本)

当初は「利便性については鉄道と道路で遜色ない水準」としていたJR東日本ですが、福島県が鉄道施設を保有する「上下分離方式」を採用することで復旧が決まり、約10年ぶりの再開にこぎつけることとなりました。

一方で、ローカル線に関しては雲行きが怪しい話題も。JRの地方路線のうち、1日の平均利用者が1000人未満の閑散路線について、路線の今後について話し合う検討会を設けるべき、という提言が国の検討会で議論されていると、20日ごろから一部メディアで報道されています。

ただでさえ少子高齢化で利用者が減少している上に、毎年のように大規模災害に見舞われる日本のローカル線。只見線のように復旧にこぎつけた路線がある一方で、日田彦山線のようにBRT(バス高速輸送システム)へ転換される路線や、方針が未だ定まっていない肥薩線のような例もあります。

2020年7月豪雨で被災した、肥薩線の渡駅
2020年7月豪雨で被災した、肥薩線の渡駅

「鉄道を残そう!」とただ言うだけでなく、どのように鉄路を残すべきか、自治体や住民が主体的に方針を議論しなければならない時代がやってきています。

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。