鉄道コム

日田彦山線BRTは「ひこぼしライン」に、JR九州

2022年5月28日(土)8時27分

JR九州は27日、日田彦山線BRTのコンセプトや愛称などを発表した。

「ひこぼしライン」ロゴマーク(イメージ)
「ひこぼしライン」ロゴマーク(イメージ)

日田彦山線は、2017年7月の豪雨によって被災。2022年現在は、添田~夜明・日田間約40キロ(うち専用道は彦山~宝珠山間約14キロ)をBRT(バス高速輸送システム)へ転換しての復旧が進められている。

今回発表したBRTのコンセプトは、「ひと、地域、みらいにやさしい」。利用者や環境に「やさしい」交通機関であるとともに、緑ゆたかな沿線のみらいを「やさしく」つなげるBRTを目指すという。また愛称は、「日田『彦』山線の『星』」となる願いを込めた「BRTひこぼしライン」とする。

BRTの基本デザインは、同社の社内チームが地域とコミュニケーションを図りながら考案。沿線地域の緑豊かなカラーを表す「フォレストグリーン」を基調としたデザインとする。一部のBRT駅には待合ブースを設置。その他のBRT駅にはオリジナルの駅サインを設置する。

待合ブース(イメージ)
待合ブース(イメージ)
待合ブース設置駅(イメージ)
待合ブース設置駅(イメージ)
駅サイン設置駅(イメージ)
駅サイン設置駅(イメージ)

日田彦山線BRTの開業は、2023年夏を予定する。

2022年5月28日(土)8時27分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全172件

日田彦山線 BRTで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全21件

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: