鉄道コム

鉄道コらム

地下鉄の冷房は、ひと昔前は車両ではなくトンネルを冷やしていた

2021年8月7日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

冷房が効いた現代の地下鉄の車内(イメージ)
冷房が効いた現代の地下鉄の車内(イメージ)

暑い日が続く夏。そんな時期の鉄道車両には、冷房が欠かせません。鉄道車両への冷房搭載は、1950~60年代に特急などの優等車両へ、1960~70年代に通勤用などの一般車両へ、それぞれ普及が始まりました。大手私鉄においては、1980年代中ごろには多くの車両に冷房が搭載されていたといいます。

一方、通勤電車への冷房搭載が進む中で、東京の地下鉄では冷房搭載が進んでいませんでした。それどころか、冷房を搭載していた乗り入れ先の会社の車両でも、地下鉄線内では冷房のスイッチを切っていたのです。

冷房を使わなかった理由は、トンネル内での温度上昇を防ぐため。冷房は、室内を冷やす一方で、屋外に熱を排出します。トンネル内でこれを使うと、駅のホームを含むトンネル内の温度が上昇してしまいます。これを防ぐため、営団地下鉄(現在の東京メトロ)では1971年から、トンネル内に冷房を設置し、内部を冷やす方策を採っていました。また、銀座線ではトンネル断面が小さいため、小型の冷房装置開発が必須だったことも理由となっています。

しかしながら、列車本数の増大による車両からの廃熱の増加、地下水くみ上げによる地下空間の温度上昇などで、この効果は限定的に。結局、営団地下鉄では1987年に車両冷房搭載の方針を決定し、1996年に全車両への冷房搭載を完了。トンネル冷房は、2006年にその役目を終えたのでした。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」に展望車

「SL大樹」用客車に展望車が登場。ぶどう色・青色の2両で、11月にデビュー。

画像

北陸新幹線50%割引

北陸新幹線に50%割引で乗車可能なきっぷが発売。設定期間は11月1日から30日まで。

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

三鷹のこ線橋、撤去へ

三鷹車両センターの上に架かり、あの作家も愛したこ線橋。撤去の方針が決定されました。

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。