鉄道コム

鉄道コらム

わずかな違いが大きなサービス 弱冷車の設定温度

2022年7月30日(土) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

気温が上がり、エアコンが恋しい時季になってきましたね。そんな季節に鉄道を利用するときに気になるのが、「弱冷車じゃくれいしゃ」の存在ではないでしょうか。

「弱冷車」の案内表示(写真左端)。「弱冷房車」などと書かれるケースもあります
「弱冷車」の案内表示(写真左端)。「弱冷房車」などと書かれるケースもあります

弱冷車は、冷房効果を弱めにした(設定温度を高くした)車両で、ある程度の長さがある列車の多くで導入されています。たとえばJR西日本では、近畿・広島地区は4両以上、金沢・岡山地区は3両以上の列車に設定があります。利用者の体質などに配慮した結果なのですが、この弱冷車、一般の車両との温度差がどれほどあるのか、ご存知ですか?

会社にもよりますが、その差は1~2度。数字上はわずかですが、温度に敏感な人には、この少しの違いは大きいようです。

電車内の温度計(写真右側)。弱冷車とそれ以外では、微妙に数値が異なります
電車内の温度計(写真右側)。弱冷車とそれ以外では、微妙に数値が異なります

弱冷車は1984年、京阪電気鉄道で初めて導入され、その後、民営化後のJR各社などにも広まりました。導入以降、「冷房のせいで車内が寒い」という苦情は減った一方、「弱冷車が暑い」という意見も出ています。このため、会社によっては、混雑時は弱冷車を取りやめるなど、柔軟に対応するケースもあるようです。

ちなみに、設定温度を1度上げると、消費電力を10~13パーセント節約できるとされています。東日本大震災で原子力発電所が被害を受けた2011年には、節電への協力のため、全車両のエアコンの設定温度を弱冷車と揃えた鉄道会社もありました。今年2022年も何日か、節電の要請が出されています。各社がどのように対応するか、要注目です。

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。