鉄道コム

鉄道コらム

令和に残る、レトロな風の戦士 車内に扇風機がある電車 in 首都圏

2022年5月29日(日) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

鉄道では、車両の冷房の作動とともに、その空気を全体に行きわたらせるための送風機を動かすことが多くなっています。最近の車両では、「ラインデリア」などと呼ばれる装置が冷房とともに装備され、その送風口が動くことで、冷気を広範囲に送っています。一方、古めの車両では、天井に扇風機を取りつけ、それを送風機としている車両もあります。

電車の天井に残る扇風機
電車の天井に残る扇風機

2022年5月現在、首都圏エリアの鉄道で扇風機を持つ車両は、東急8500系8631編成、京成・芝山鉄道3500形、京成3600形、江ノ島電鉄1000形の一部、小湊鉄道キハ200形など。新型車両との入れ替えも進み、見られる車両はかなり限られてきています。

東急8500系8631編成。東急最後の扇風機残存編成となりました
東急8500系8631編成。東急最後の扇風機残存編成となりました

冷房搭載車両が少なかった頃、非冷房車の多くでは、天井で扇風機がくるくると回っていました。車内の熱気をかき回すだけの存在が、やがて冷気の拡散に役目を変え、いま、その姿を徐々に消そうとしている状態です。車両そのものはもちろんですが、こうした設備面でも、世代交代は確実に進んでいるのです。

今年も気温が上がり、冷房が作動する日も増えてきました。わずかに残った扇風機の活躍も、あといかばかりか。最新機種より効きは悪いかもしれませんが、快適な車内環境づくりのため、懸命に回り続けた扇風機。この夏、そんな愛すべき風の戦士たちに、会いに行ってみませんか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。