鉄道コム

鉄道コらム

東北新幹線のかつての最速列車「はやて」、今はどうなった?

2021年11月17日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

現在の東北新幹線では、看板列車の「はやぶさ」以下、「はやて」「やまびこ」「なすの」が運転されています。このうち、「やまびこ」は「はやぶさ」に次ぐ準速達列車や盛岡以南の各駅停車として、「なすの」は東京~那須塩原・郡山間の区間列車として、ともに多数の列車が運転されています。

一方、2002年の東北新幹線八戸開業時に最速達列車として登場した「はやて」は、現在は東京駅を発着する定期列車は未設定。2021年3月改正のダイヤでは、盛岡・新青森~新函館北斗間で上下計4本のみの運転となっています。運転区間が「はやぶさ」と重複し、本数も非常に限られる「はやて」、なぜ今も残存しているのでしょうか。

「はやぶさ」登場前の東北新幹線発車標
「はやぶさ」登場前の東北新幹線発車標

その答えは、列車の運転速度と料金にあります。最高時速320キロで運転する「はやぶさ」は、最高時速275キロの「はやて」「やまびこ」よりも割高な特急料金が設定されています。そのため、かつては最高時速275キロの速達列車は、E5系による運転であっても「はやて」を名乗っていました。

一方、東北新幹線の盛岡以北と北海道新幹線では、路線最高時速は260キロに設定されており、「はやぶさ」の最高速度で運転することはできません。「はやぶさ」の加算料金は、時速320キロ走行ができない東京~大宮間と盛岡~新青森~新函館北斗間には設定されていませんが、この列車名称の使い分けの名残からか、現在でも「はやて」の名称が残存しています。

かつて「はやて」で活躍したE2系
かつて「はやて」で活躍したE2系

なおJR東日本では、2024年にも時速300キロ運転が可能な山形新幹線用車両のE8系を導入する予定です。「つばさ」が全てこの車両へと置き換わり、またE2系も全て引退すると、東北新幹線用車両の全てが時速300キロ超での運転が可能となります。このタイミングで料金制度が見直され、ひいては「はやて」の愛称そのものの動きに繋がるかもしれません。

【11月17日追記:一部表記を訂正しました】

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

「いぶたま」門司港へ

観光キャンペーンの一環で、D&S列車「指宿のたまて箱」が、博多~門司港間に登場。

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。