鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

山形新幹線向けに新型「E8系」を2024年導入、時速300キロ運転に対応

2020年3月3日(火)14時25分

JR東日本は3日、山形新幹線に新型車両「E8系」を導入すると発表した。

山形新幹線用E8系(イメージ)
山形新幹線用E8系(イメージ)

E8系は、山形新幹線用に新造する7両編成の車両。流線型の先頭部は9メートルで、現行のE3系の6メートルより長く、秋田新幹線用E6系の13メートルより短い。営業最高速度は、現行の時速275キロから時速300キロに向上する。

車内は、普通車・グリーン車ともに全席にコンセントを設置。スーツケース対応の大型荷物スペースを全車両に設置するほか、車いすスペースも普通車は1編成あたり2席に増やす。編成定員は、普通車が329人、グリーン車が26人の計355人。現行のE3系との比較では、普通車が42人減、グリーン車が3人増で、あわせて39人少なくなる。

グリーン車の車内イメージ
グリーン車の車内イメージ
普通車の車内イメージ
普通車の車内イメージ

車両デザインは、奥山清行氏が代表を務めるKEN OKUYAMA DESIGNの監修のもと、川崎重工が担当。「豊かな風土と心を編む列車」をコンセプトに、外観は現行車両を踏襲した「おしどりパープル」「蔵王ビアンコ」「紅花イエロー」の3色に塗装。グリーン車車内は「最上川と月山」、普通車車内は「最上川と紅花」をカラーテーマとする。

JR東日本はあわせて、福島駅アプローチ線の新設工事に着手すると発表した。

福島駅アプローチ線の地上設備工事概要
福島駅アプローチ線の地上設備工事概要

福島駅では、山形新幹線が走る奥羽本線と結ばれているホームは、下りホーム14番線の1線のみとなっている。そのため、ダイヤが乱れた際には上下列車が輻輳するほか、上り列車は2度の平面交差が必要となるなどの課題がある。

アプローチ線新設による効果
アプローチ線新設による効果

同社は、新たに東北新幹線上りホームへアクセスするアプローチ線の新設を発表。この工事により、ダイヤ乱れ時の復旧時間短縮を目指す。

E8系の運転開始時期は、2024年春を予定。新アプローチ線の使用開始は、2026年度末を予定する。JR東日本は、E8系のダイヤや到達時分の短縮効果などについては、決まり次第発表するとしている。

【2024年7月10日追記:画像を追加しました】

2024年7月10日(水)20時2分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「RF24-105mm」の実力は

キヤノンのレンズ「RF24-105mm F2.8 L IS USM Z」。レンズ開発の裏側を聞きました。

画像

N800形復刻デザイン

N800形1編成が、デビュー当時のマルーン色デザインに。7月24日から。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。