鉄道コム

鉄道コらム

近鉄が約15年ぶりに新型一般車両を導入へ、どの路線に入る?

2022年4月16日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

近畿日本鉄道は、4月15日に発表した運賃値上げのプレスリリースにおいて、新型車両の導入について触れました。

近鉄では、ここ10年以内には50000系「しまかぜ」、80000系「ひのとり」といった新型車両を導入しています。しかし、これらはいずれも特急用の車両です。一般型車両としては、2001年にデビューした9820系が最新。最後に落成した車両も、2008年の9820系の9830編成が最新となっており、2022年時点で約14年間も一般型車両の導入がありませんでした。

2022年現在で最新の一般型車両、9820系
2022年現在で最新の一般型車両、9820系

今回の発表では、2023年度から2025年度にかけて、車両置き換えと車内防犯カメラの導入に約180億円を投資するとのこと。車両置き換えについては、新造から55年を超えた高経年車両など、昭和40年代に製造した約450両を対象に、2024年度以降に順次更新していくとしています。

なお、置き換え対象は約450両となっていますが、「お客様のご利用状況を見極めたうえで、必要分を順次新型車両に置き換える」としており、コロナ禍で鉄道利用者が減少した現状を踏まえると、運用削減によって一定数は置き換え対象外の引退となる可能性もあります。

また、大阪線や奈良線とともに近鉄路線網の根幹を担う名古屋線系統では、2000年代には一般型車両の新車投入がありません。今回の新型車両導入は名古屋線も対象となるのか、早くもファンの間で話題となっています。

近鉄名古屋線の一般型車両
近鉄名古屋線の一般型車両

鉄道コムおすすめ情報

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。