鉄道コム

京急が開業120周年 兄弟と共に式典を開催

2019年1月21日(月) 鉄道コムスタッフ

京浜急行電鉄は1月21日、開業120周年を記念した式典を京急川崎駅にて開催しました。

京浜急行電鉄の礎を気付いたのは、「交通を変えた男」とまで言われたという立川勇次郎氏です。立川氏は、都市の発展には大量輸送機関が不可欠との考えの下、1898年2月25日に大師電気鉄道を設立。翌1899年1月21日、川崎大師の初大師(新年初の縁日)であるこの日に、六郷橋~大師間を開業させました。現在の大師線であるこの区間を最初に開業させたのは、まずは短距離でテスト運行し、実績を作ることが目的だったようです。開業当時は約2キロの営業距離だった京急も、現在は5路線87キロにまで成長し、立川氏の志を受け継いで、東京と羽田、横浜、三浦半島を結ぶ大量輸送機関として活躍しています。

大師線の運用に就く「京急120周年の歩み号」。京急の歴史は、この大師線から始まりました
大師線の運用に就く「京急120周年の歩み号」。京急の歴史は、この大師線から始まりました

会場には、養老鉄道の原恭社長が参列しました。養老鉄道は、京浜急行電鉄と同じ立川勇次郎が建設した養老線を運営する会社。同じ人物が建設した路線を有する京急と養老鉄道は、いわば兄弟の間柄と言える関係です。原社長によると、毎年8月には立川勇次郎を讃える「顕彰祭」を開催しているといい、2018年の開催時には、「兄弟」である京浜急行電鉄の原田一之社長も参列したそうです。また、立川勇次郎氏のひ孫である立川元彦さんも、式典に参列しました。立川さんは、「(立川勇次郎氏の)2人の息子が100年ぶりに再会したことを、空の上で喜んでいるのではないか」と話していました。

式典では、くす玉開花のほか、0キロポストとなる記念モニュメントの設置も行われました。京急の原田一之社長は、「開業120周年を期にもう一度原点に戻り、創業の路線である大師線の出発点である京急川崎駅に、0キロポストを設置する」とし、「これを今後120年の新たな出発点にしたい」と語りました。

0キロポストとなる120周年の記念モニュメント
0キロポストとなる120周年の記念モニュメント
左手前から、京急専務取締役の道平隆氏、京急社長の原田一之氏、養老鉄道社長の原恭氏、立川勇次郎氏のひ孫の立川元彦さん。<br>モニュメントは、日々の京急線の安全運行を支える保線区より、川崎保線区長と金沢文庫保線区長の2人(奥)が代表で設置しました
左手前から、京急専務取締役の道平隆氏、京急社長の原田一之氏、養老鉄道社長の原恭氏、立川勇次郎氏のひ孫の立川元彦さん。
モニュメントは、日々の京急線の安全運行を支える保線区より、川崎保線区長と金沢文庫保線区長の2人(奥)が代表で設置しました
式典には、京急線の運行を支える全16駅長も参列していました
式典には、京急線の運行を支える全16駅長も参列していました

京急と養老鉄道は、21日よりスタンプラリー「京急と養老をつなぐキャンペーン」を開催しています。奇しくも2019年4月に全線開業100周年を迎える養老線。同じ人物が建設した兄弟路線は、共に周年イヤーを迎え、未来へと走り続けていきます。

アンケート

このリポート記事はいかがでしたか?
よろしければ、5段階にて、あなたの評価をお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「いぶたま」門司港へ

観光キャンペーンの一環で、D&S列車「指宿のたまて箱」が、博多~門司港間に登場。

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。