43年の眠りから覚めたSL、東武鉄道の車両基地に搬入

2018年11月17日(土) 鉄道コムスタッフ

11月14日、東武鉄道の南栗橋車両管区にて、C11形蒸気機関車の搬入作業が実施されました。

このC11形蒸気機関車は、日本保存鉄道協会から東武博物館に譲渡された車両。ナンバープレートは「C111」となっていますが、国鉄が発注したC11形1号機とは、別の個体です。もとは1947年に滋賀県の江若(こうじゃく)鉄道向けに製造されたもので、1957年からは北海道の雄別炭礦(ゆうべつたんこう)鉄道、1970年からは同じく北海道の釧路開発埠頭にて活躍しました。1975年に廃車された後は、北海道内にて静態保存されていました。

このC11は、11月8日に北海道の江別市を出発。苫小牧港から大洗港まではフェリーを利用し、14日に南栗橋車両管区へと到着しました。

C11形は今後、2020年冬を目標として、復元作業が進められます。復元後は、日光・鬼怒川エリアなどで運転する予定。現在SL「大樹」で活躍するC11形207号機と2機体制となるため、SL列車の安定運転が可能となるほか、他線区でのイベント運転も検討可能になるということです。

43年の眠りから覚めたC11形。その搬入の模様をお伝えします。

トレーラーに積載され、南栗橋車両管区に到着したC11。
トレーラーに積載され、南栗橋車両管区に到着したC11。

鉄道コムおすすめツアー

画像

「華」で大垣夜行ツアー

485系お座敷列車「華」の夜行列車で、東京から大垣へ。ツアーの詳細はこちらから。

画像

「鮮魚列車」貸切ツアー

近鉄2680系「鮮魚列車」のツアー。上本町発・名古屋発の2コースが設定。明星車庫での撮影会も。

鉄道コムおすすめ情報

画像

サンナナさよならイベント

営業運転を終えた箱根登山鉄道103-107編成が、20日に最後の展示イベント。

画像

しな鉄鉄道フェスタ

7月20日・21日、軽井沢駅にて「鉄道フェスタin軽井沢」が開催。信越エリアの鉄道事業者によるグッズ販売など。

画像

瀬戸内に新たな観光列車

「瀬戸内マリンビュー」を改造した新たな観光列車が、2020年秋に瀬戸内エリアに登場。

画像

相鉄・JR直通線の運行概要発表

11月30日開業の相鉄・JR直通線運行概要が発表。 新宿~二俣川間は最速44分で運転。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください