鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

新車両リポート

「やくも」用の新型「273系」公開 乗り物酔いを23%改善する新「振り子」システムとは?

2023年10月17日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR西日本は17日、特急「やくも」に投入する新型車両「273系」を、報道陣に公開しました。

特急「やくも」用の新型車両「273系」
特急「やくも」用の新型車両「273系」

「山陰らしさ」を表現した「やくもブロンズ」

273系は、「やくも」で使われている国鉄型車両、381系を置き換えるために開発された車両。従来の381系と同様に、カーブの通過速度を一般車より向上できる「振り子式」を採用しています。

273系が置き換える予定の381系
273系が置き換える予定の381系

先頭部の造形は、287系や271系など、近年の同社特急車両同様、貫通型高運転台を採用。繁忙期には2編成を連結しての運用も想定されています。

高運転台構造を採用した先頭部。連結時に使用する貫通扉も設置されています
高運転台構造を採用した先頭部。連結時に使用する貫通扉も設置されています

車両のデザインは、イチバンセン代表の川西康之さんと、近畿車輛デザイン室が担当しました。川西さんは、同社の「WEST EXPRESS 銀河」や、2024年に投入するキハ189系改造の観光列車なども手がけたデザイナー。273系が走るエリアの社員の意見も反映しつつ、この車両のデザインを考案したといいます。

デザインのコンセプトは、「沿線の風景に響き自然に映える車体、山陰の我が家のようにくつろげる温もりのある車内」。外観は、「山陰や伯備線の風景に響き、自然に映える車体」を目指し、「鬱金(うこん)色」「黄金(こがね)色」「銅(あかがね)色」「赤銅(しゃくどう)色」のグラデーションからなる「やくもブロンズ」でデザインされました。塗装はメタリック風味で、JR西日本の社員は「晴れの日や曇りの日、雪の日で、印象が大きく変わりそう」と話していました。

273系とともにデザインされた、新しい「やくも」のロゴマーク
273系とともにデザインされた、新しい「やくも」のロゴマーク

快適性を向上した車内 2・4人用の「セミコンパートメント」も

客室内のコンセプトは、「山陰の我が家のようにくつろげる温もりのある車内」。LEDによる間接照明や、木目調の床模様により、暖かみが演出されており、従来の「やくも」よりも大幅にアップデートされた空間となりました。

グリーン車は、2+1列で座席を配置。明るく空間の広がりを感じられる黄色をベースに、富と長寿の象徴とされる亀の甲羅をイメージした「積石亀甲」模様をデザインしたシートとなっています。足下にフットレストを設置したほか、枕は可動式で、快適性に配慮。また、肘掛けにはコンセントが設置されました。

1号車のグリーン車
1号車のグリーン車
足元のフットレスト
足元のフットレスト
肘掛けにはコンセントを設置
肘掛けにはコンセントを設置

普通車では、沿線の山々をイメージした緑色をベースに、魔除けの意味がある「麻の葉」の模様をあしらったシートを2+2列で配置。こちらも、可動式枕やコンセントが設置されています。シートピッチは、新幹線と同等の数値に拡大。在来線特急用車両の普通車としては、最大級の間隔となりました。

2~4号車の普通車車内
2~4号車の普通車車内
グリーン車同様、枕は可動式
グリーン車同様、枕は可動式
こちらも肘掛けにコンセントが設置されています
こちらも肘掛けにコンセントが設置されています

また、これまでの「やくも」に無い設備として、グループ向けの座席「セミコンパートメント」が導入されました。

1号車の連結面寄りに設置された「セミコンパートメント」
1号車の連結面寄りに設置された「セミコンパートメント」

セミコンパートメントは、グリーン車と同じ1号車の半室に設置するもの。2人用と4人用のボックス席で、大型テーブルや簡易的な仕切りが設置されています。また、座面をスライドさせると、フラットなスペースに生まれ変わります。

座面をフラットにした状態
座面をフラットにした状態

このセミコンパートメントは、普通車指定席と同額で利用できるということ。2人用は2人利用、4人用は3~4人利用時に限り、きっぷを購入できます。各コンパートメントには「11」「12」といった番号のみが振られており、「A席」「B席」といった座席位置の英字は使用されていません。

このほか、バリアフリー対応や、空気清浄機の設置による快適性向上、防犯カメラ設置による車内安全性の向上など、近年の鉄道車両らしいアップデートも図られています。

側面の表示器は、フルカラーLEDを採用。通常は273系用の「やくも」ロゴを表示しますが、ちょっとしたお遊びとして、キハ181系、381系と、「やくも」で使われた歴代車両のヘッドマークを模した表示も可能となっています。

側面の表示器
側面の表示器
歴代の「やくも」用車両の表示も可能。上から、キハ181系、381系、273系
歴代の「やくも」用車両の表示も可能。上から、キハ181系、381系、273系

鉄道コムおすすめ情報

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

京成「3200形」2025年冬登場

京成電鉄の新型車両「3200形」。フレキシブルに変更できる車両で、24年度は6両を導入。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

特急「185」投稿写真募集中!

185系による臨時特急「185」。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。