鉄道コム

東武の新型特急「スペーシア X」、愛称予想キャンペーンとは一体何だった?

2022年7月23日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東武鉄道は、2023年に新型特急車両「スペーシア X」を導入します。従来の100系スペーシアからフラッグシップ車両の立場を引き継ぐ車両で、浅草~東武日光・鬼怒川温泉間で、1日2~4往復を運転する予定です。

2023年にデビューする「スペーシア X」(イメージ)
2023年にデビューする「スペーシア X」(イメージ)

ところで、7月15日に発表された「スペーシア X」の他にも、東武鉄道は愛称候補を発表していました。「プレミアムスペーシア」「グランスペーシア」「スペーシアルクス」の3つです。6月1日~7月14日には、この愛称の予想キャンペーンも開催されていましたが、一般的によく開催されるのは、愛称予想ではなく愛称募集です。このキャンペーンは一体何だったのでしょうか?

予想キャンペーンにおいて、東武は「沿線内外の皆様に親しみを持っていただくこと」を目的として掲げていました。その結果、応募総数は約2万1000件という結果となったということ。現行の100系「スペーシア」の愛称募集では約1万5000件だったということで、ネット全盛時代の現代と当時の違いはあれど、現行「スペーシア」よりも多くの注目を集めたことになります。

一般公募で愛称を決定した100系「スペーシア」
一般公募で愛称を決定した100系「スペーシア」

そして、予想キャンペーンで最も票を集めたのが、正式採用された「スペーシア X」でした。これはやらせではなく、同社の広報担当者いわく「たまたま」だったということ。実際、愛称の発表会にて配布された「スペーシア X」のファクトブックでも、「スケッチ段階から"X"をイメージ」と、当初より愛称が決定していたことがうかがえます。

「スペーシア X」の模型。先頭車側面の「X」のように、当初から「X」の愛称をイメージしてデザインされていました
「スペーシア X」の模型。先頭車側面の「X」のように、当初から「X」の愛称をイメージしてデザインされていました

なお、決定した愛称の「X」には、「車両エクステリアデザインにモチーフとして取り入れた鹿沼組子の象徴的な『X』模様」、「新型車両による旅体験(Experience)を表す『X』」、「新型車両がお客様に提供する様々な価値(Excellent,Extraなど)を表す『X』」、「新型車両が、文化や人々が交わり(cross=『X』)縁をつくる存在であること」「新型車両が、未知なる(X)可能性を秘めた存在であること」といった意味を込めたといいます。

「X」にさまざまな意味を持たせた「スペーシア X」
「X」にさまざまな意味を持たせた「スペーシア X」

ちなみに、残念ながら正式採用とならなかった3つの候補ですが、こちらも東武鉄道に意味を聞きました。

「グランスペーシア(GRAN SPACIA)」は、「かつてないほど上質な体験を届け、最上で特別な思い出をつくれる電車であるようになってほしい」。「プレミアムスペーシア」は、「スペーシアの系譜を受け継ぎ、より上質・上等な存在になってほしい」という意味でした。

「スペーシアルクス(SPACIA LUXE)」の「LUXE」は、優雅や高級、贅沢といった意味で、光を表す「LUX」にも通じます。これらのことから、「上質で思い出深い鉄道体験をもたらす光のような存在になってほしい」という意味を込めたといいます。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

抽選で5000円分プレゼント

年に1度の鉄道コムアンケートを実施中。抽選でアマゾンギフト5000円分を進呈します

画像

好きな地下鉄路線に一票を

全国の地下鉄事業者の路線の中から、好きな路線にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

オヤ31形えちトキへ

JR西日本の「おいらん車」オヤ31形が、えちごトキめき鉄道へ譲渡。動態保存へ。

画像

〇〇駅と新〇〇駅の距離は?

全国各地にある「〇〇駅」と「新〇〇駅」。その駅間で最も離れているのはどこなのでしょうか。

画像

阪神で座席定員制列車運転

有料臨時列車「らくやんライナー」。12月から1月にかけて、梅田~青木間で運転。

画像

京都鉄博にDEC741登場

12月22日~26日に、京都鉄道博物館で「DEC741」を展示。グッズ販売も。

画像

プロが教えるRAW現像

鉄道写真の作品力を高めるRAW現像とレタッチ。鉄道カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

12月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。