鉄道コム

鉄道コらム

新「スペーシア」の愛称は何に? 東武が予想キャンペーンを開催

2022年6月1日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東武鉄道は1日、特急「スペーシア」の新型車両について、愛称を予想するキャンペーンを開催すると発表しました。

新型「スペーシア」
新型「スペーシア」

キャンペーンでは、「プレミアムスペーシア」「スペーシアXエックス」「グランスペーシア」「スペーシアルクス」の4つの候補の中から、採用される愛称を予想します。正解者には、「ザ・リッツ・カールトン日光」などのホテルの宿泊券、「東京スカイツリー」の入場券といった賞品も、抽選で100組分用意されます。

新型車両は、現行の100系「スペーシア」の後継車両。形式はN100系で、6両編成4本を導入する計画です。座席は、一般の「スタンダードシート」のほか、定員4人の「コンパートメント」、運転席直後の個室「コックピットスイート」など、6種類が設定されます。

定員7人の「コックピットスイート」(イメージ)
定員7人の「コックピットスイート」(イメージ)

キャンペーンの受付期間は、6月1日から7月14日まで。愛称の正解発表は、7月中旬以降が予定されています。4つの愛称候補、一体どの愛称が正解となるのでしょうか。

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。