鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

新型「ひだ」のHC85系、なぜ展望席が消滅した? JR東海に聞いてみた

2022年6月25日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

7月1日、JR東海の新型特急車両「HC85系」が、いよいよデビューします。

7月1日にデビューするHC85系
7月1日にデビューするHC85系

HC85系は、高山本線などで活躍するキハ85系の置き換え用として開発された車両。2019年に試験走行車が登場し、2022年には量産車が登場しました。7月1日に特急「ひだ」でデビューし、キハ85系を順次置き換えていく予定となっています。

ところで、今後置き換えられるキハ85系は、非貫通型先頭車では運転席直後からの前面展望が楽しめる構造で、貫通型先頭車でも運転席直後はガラス張りです。しかし、今回デビューするHC85系では、全ての先頭車が貫通型で、運転席直後も窓のない壁と、前面展望が配慮されていません。なぜなのでしょうか。

先頭車は非貫通型(左)と貫通型(右)の2タイプがあるキハ85系
先頭車は非貫通型(左)と貫通型(右)の2タイプがあるキハ85系

JR東海の広報担当者によると、非貫通型の車両を設定しなかった理由は、「両方の先頭車に増結することがあり、前面の車窓をお楽しみいただけないこともあるため」だといいます。

2022年現在、キハ85系による「ひだ」では、名古屋駅発着の列車と大阪駅発着の列車を岐阜駅で連結する運用があります。この運用をそのままHC85系で置き換えると、岐阜方に大阪駅発着編成、高山方に名古屋駅発着編成を連結することに。グリーン車は岐阜方先頭車に設定されているので、岐阜~高山間ではグリーン車の先頭車が編成中間に連結されることとなります。

HC85系の今後の詳細な運用は検討中のようですが、このような組成となった場合に、「せっかく展望席を取ったのに前が見えない!」となることを防ぐため、グリーン車はキハ85系のパノラマタイプではなく、他と同じ貫通型先頭車としたということです。また、全ての先頭車を貫通型とすることで、増解結時の柔軟な運用が可能となることも考えられます。

貫通型先頭車のみのHC85系(左)と、非貫通型先頭車タイプがあるキハ85系(右)
貫通型先頭車のみのHC85系(左)と、非貫通型先頭車タイプがあるキハ85系(右)

しかし、貫通型の車両であっても、現行のキハ85系のように、運転席直後に窓を設ければ前面展望は可能です。この点をJR東海の広報担当者に質問すると、「車両に搭載する機器が増え、機器スペースとしたため」という回答が返ってきました。

座席後ろの壁が乗務員室の仕切り壁。前面展望可能な窓は設置されていません
座席後ろの壁が乗務員室の仕切り壁。前面展望可能な窓は設置されていません

たしかに、近年の鉄道車両では、防犯カメラやデジタルサイネージ、車内Wi-Fiサービス用機器といった設備が増えており、機器設置スペースが従来車よりも増えているものがあります。たとえば、同じJR東海の新型一般車両315系でも、運転席に向かって右側の仕切り壁が機器設置スペースに充てられ、前面展望がしにくくなっています。

現行のキハ85系では、座席部分の床を一段高くすることで眺望に配慮していますが、HC85系ではバリアフリー対応のため、こちらもフラットな床面に変更。かつて「ワイドビュー」を名乗っていたキハ85系と比べると、展望面では物足りないかもしれません。しかしJR東海によると、「側面窓は現行と同等の大きさとしており、車窓をお楽しみいただけるようにしています」ということで、運転席直後以外の座席の展望自体は、大きく変わってはいません。

HC85系の側面窓サイズはキハ85系と同等。従来と大きく変わらない展望を楽しめます
HC85系の側面窓サイズはキハ85系と同等。従来と大きく変わらない展望を楽しめます

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

関連鉄道リポート

関連鉄道コらム

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。