鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

前面展望ができない車両は、鉄道会社の「いじわる」?

2022年2月26日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

3月5日に、JR東海の新型車両、315系がいよいよデビューします。ところでこの車両、置き換える211系よりも、乗務員室後ろの窓の面積が小さくなり、前面展望がしづらくなっています。なぜなのでしょうか?

JR東海の新型車両315系
JR東海の新型車両315系

乗務員室後ろの壁は、ただの仕切り壁ではなく、スイッチなどの機器類を設置する場所でもあります。近年の車両では、線路や設備のモニタリング装置、車内Wi-Fiサービス用の機器など、搭載する機器が増加しています。客室内に設置すると定員が減少してしまい、乗務員室の床面積を減らすことも作業効率や安全性などから困難なため、壁面へ機器を配置することに。このため、従来車両では付いていた窓が、新型車両では付いていないケースが増えているのです。

315系の乗務員室内。右が前方で、左側の仕切り壁にはスイッチ類が設置されています
315系の乗務員室内。右が前方で、左側の仕切り壁にはスイッチ類が設置されています
315系同様に窓が減らされた都営5500形の仕切り壁。左側は機器スペースとなっています
315系同様に窓が減らされた都営5500形の仕切り壁。左側は機器スペースとなっています

機器の増加による窓の廃止は、国鉄時代の103系でも同様の現象がありました。当初はATC(自動列車制御装置)非搭載で製造されていた103系ですが、山手線や京浜東北線用でのATC導入用に製造された車両では、ATC機器を設置する都合上、3枚あった仕切り壁窓のうち、扉部分を除く2枚が廃止されてしまいました。

一方、後に登場した205系では、ATCを装備した車両でも仕切り壁に窓を設置していましたが、ATC非搭載で製造された車両では、設置機器が少なくなったことにより、仕切り壁の窓面積が拡大されています。

前面展望ができる窓は、決して事業者のいじわるで減っているわけではありません。近年は面積の縮小が目立ちますが、国鉄時代の例を見ると、将来は再び窓が広がる方向へと、時代は繰り返していくのかもしれません。

関連鉄道リポート

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ニコン「Z f」で鉄道写真

ヘリテージデザインのカメラ、ニコン「Z f」。見た目ばかりが話題になる同製品ですが、鉄道撮影では使えるのでしょうか。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。