鉄道コム

相鉄への直通はどうなる? 三田線の新型車両「6500形」を詳しく見る

2022年2月20日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東京都交通局は5月14日に、三田線で新型車両「6500形」の営業運転を開始します。これに先立つ2月16日に、6500形の報道公開が実施されました。

三田線の新型車両「6500形」
三田線の新型車両「6500形」

6500形は、1993年登場の6300形以来となる新型車両。同線への新車投入としては約22年ぶり、新形式車両としては約29年ぶりの導入となります。

車両の外観は、「移動を担う都市の一部としての存在感を表現した、スマートで無駄のない機能美」を目指したもの。先頭部も含めてシンプルな箱型とし、行先表示器や前照灯なども、視覚的なノイズとなる要素を極力抑えたといいます。6300形にあった赤帯は採用されていませんが、こちらもシンプルさを追求した結果だといいます。

従来の6300形(上)に対し、シンプルさを追求した6500形(下)
従来の6300形(上)に対し、シンプルさを追求した6500形(下)

2018年にデビューした浅草線用の5500形では、歌舞伎などもイメージしたという、スピード感を表現した車両でした。一方、今回の6500形では、方向性が若干異なるように感じられます。

2018年にデビューした浅草線用5500形。「和」のテイストを取り入れています
2018年にデビューした浅草線用5500形。「和」のテイストを取り入れています

この点について都の担当者は、浅草線では浅草寺や東銀座(歌舞伎座)、泉岳寺などの「和」の要素を、三田線では大手町や日比谷といった都心部のオフィス街を、それぞれイメージしてデザインしたと説明。それぞれの路線をイメージしたという点に変化はないとしています。また、交通局内のプロジェクトチームによってデザイン検討が進められた点も、5500形と6500形は共通となっています。

また、新宿線の10-300形がJR東日本のE233系地下鉄直通対応車に類似したデザインとなっていたように、6500形もE235系を思わせる部分がいくつか見られます。都の担当者は、「デザインの基としたというわけではないが、チームで参考にした部分はあるかもしれない」と語っていました。

車体はアルミ合金製。都営地下鉄では12-000形、5300形、12-600形に次ぐもので、三田線では初の導入となります。

アルミ合金製の車体。凹凸が目立たない形状です
アルミ合金製の車体。凹凸が目立たない形状です

行先・種別表示器はフルカラーLEDを採用。前面は日本語→英語の交互表示、側面は日本語→英語→日本語(次駅案内つき)→英語(次駅案内つき)の交互表示となっていました。なお、表示はシャッタースピード1/500秒まで切らずに撮影可能です。

前面の行先・種別表示器。最後尾となる際は左右が尾灯となります
前面の行先・種別表示器。最後尾となる際は左右が尾灯となります
側面の行先・種別表示器
側面の行先・種別表示器
英語や次駅案内つき表示に対応しています
英語や次駅案内つき表示に対応しています

過不足のない通勤型車両を追求

外観同様、車内もスマートさを掲げたデザイン。「幅広いお客様にとって過不足の無い、通勤型車両としての快適性を追求」したといいます。

6500形の車内
6500形の車内

乗降扉間の座席数は、7席だった6300形よりも1席少ない6席に。その代わり、座席幅は6300形より25ミリ拡大されました。また、乗降口スペースの混雑緩和を目的に、座席と乗降扉の間のスペースが拡大されています。座席袖仕切りや車両間の貫通扉には、透明感のある素材を使用。LED照明の採用とあわせ、明るく開放感のある車内を演出します。

6人掛けとなった座席
6人掛けとなった座席

優先席は、都営地下鉄の標準である両車端部(先頭車を除く)の配置。優先席に限りませんが、各座席の左右いずれかには握り棒がある配置となっており、「人にやさしい車両」の実現を目指しています。

車端部に設置される優先席
車端部に設置される優先席
フリースペースも各車両に設置
フリースペースも各車両に設置

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: