ミラーレス一眼が拓く新たな鉄道写真の世界

なぜミラーレス一眼は画質が良いと言われるのか

2021年3月20日(祝) 鉄道カメラマン 助川康史

ミラーレス一眼と一眼レフの画質差を生む要因

近年、カメラメーカー各社が、特にミラーレス一眼の開発・販売に注力している。その理由は、ミラーレス一眼に大きな発展性があるからだ。様々な発展の可能性の中で、ミラーレス一眼はファインダーに光を導くミラーを無くすことで、シャッターシステム上、一眼レフでは成しえない、更なる「超」高速連続撮影の可能性を秘めている、というのは第1回で述べた通りだ。

だが、ミラーが無くなったことによるメリットはそれだけではない。もう一つの大きな利点として、今回はミラーレス一眼ならではの画質の良さについて説明しよう。

カメラメーカーの広告だけでなく、カメラ雑誌でもミラーレス一眼の画質の良さを説明する記事は多い。だが「ミラーレス一眼も一眼レフも、同じデジタルカメラなのに画質が違うの?」と疑問に思う読者も多いのではないだろうか。

なぜミラーレス一眼は画質が良いと言われるのか(イメージ)
なぜミラーレス一眼は画質が良いと言われるのか(イメージ)

また、「ミラーレス一眼の画質は良いと聞いてはいるが、その理由がよくわからない」という読者も少なからずいるだろう。そこで一つずつその理由を紐解いていこう。

まず結論から入ると、「ミラーレス一眼と一眼レフの画質はどちらが良いか?」と尋ねられれば、私は「ミラーレス一眼の方が画質は良くなる」と答える。

画質の良さはメーカーの求める質や、様々な条件、状況によって大きく違いは出るが、私が「~良くなる」と言ったのは、ミラーレス一眼ならではの構造にある。

そもそも、画質の良し悪しを決めるのは、 「1.光をイメージセンサーに導くレンズの性能」 「2.受けた光を信号化するイメージセンサーの性能」 「3.その信号を映像化する画像処理エンジンの性能」 の3つと私は考える。

そのうち「2.受けた光を信号化するイメージセンサーの性能」「3.その信号を映像化する画像処理エンジンの性能」は今後の新技術の導入などで高性能化が期待できるが、それは一眼レフにも反映できるので、条件としてはほぼ同じである。となると、残ったのが「1.光をイメージセンサーに導くレンズの性能」ということになる。

ミラーが無いことでレンズの描写力が良くなる?

まるでことわざの「風が吹けば桶屋が儲かる」のような言い方だが、「ミラーが無いことでレンズの描写力が良くなる」というのは、表現者である私にとって、ミラーレス一眼の一番のメリットだと感じている。ミラーレス一眼の特徴として「フランジバックが短い」あるいは「ショートフランジバック」という言葉を聞いたことは無

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

9000系20周年イベント

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月25日にイベントを開催。記念乗車券の発売も。

画像

SL入区見学ツアー

秩父鉄道が、SL入区点検見学ツアーを開催。SL回送列車へ乗車し、広瀬川原車両基地へ入場。

画像

2000系さよならツアー

JR四国2000系のグリーン車、2000形に乗車できる、最後の機会。5月8日、9日、15日に開催。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: