3代目の「黄緑の山手線」が引退 再就職先ではまだまだ現役

2020年1月24日(金) 鉄道コムスタッフ

2020年1月、山手線から旧型車両「E231系」が引退しました。鉄道コムの調べでは、最後に乗客を乗せて走ったのは、1月20日のことでした。これをもって山手線の車両置き換えが終了し、今後は全て新型車両のE235系によって運転されます。

山手線から引退したE231系500番台
山手線から引退したE231系500番台

山手線用のE231系500番台は、2002年にデビューしました。それまで山手線で活躍していたのは、国鉄時代に投入が始まった205系。山手線にとっては、JR車両の投入は初めてのことでした。

かつて山手線で活躍していた205系
かつて山手線で活躍していた205系

先代の205系よりも車体幅が広くなり、混雑時の窮屈さが若干改善。1両のドアを4つから6つに増やした「6ドア車」も、205系の1両から2両に増えました。

そして、利用者視点で最も大きな変更点だったのは、ドア上に設置された液晶ディスプレイではないでしょうか。

今では都市部の車両では当たり前になった装備ですが、液晶ディスプレイで所要時間や駅階段位置などを案内し、そして映像広告を放映するのは、当時としては画期的なサービスでした。以前にもJRや私鉄などで細々と設置されていた例はありましたが、JRでこれを本格的に設置した車両は、この山手線用E231系が初めてでした。

ドア上に設置された液晶ディスプレイ。所要時間などを案内してくれる、今では当たり前となった装備です
ドア上に設置された液晶ディスプレイ。所要時間などを案内してくれる、今では当たり前となった装備です

10年以上活躍してきたE231系ですが、2015年にデビューした新型車両のE235系により、同年より置き換えが始まります。

2015年にデビューした新型車両のE235系
2015年にデビューした新型車両のE235系

E235系は、2015年にデビューした量産先行車に加え、2017年から2019年にかけて49編成が製造されました。新しい編成の営業運転開始と交代で、E231系は次々と山手線から引退。そして最後に残ったE231系のトウ506編成も、1月24日に改造のため車両工場へ入場し、山手線での営業運転を終了しました。

「ありがとう」ヘッドマークを掲げて走るE231系
「ありがとう」ヘッドマークを掲げて走るE231系

新型車両に置き換えられたE231系ですが、山手線からの引退後は他路線へと活躍の場を移しています。その路線は、三鷹~千葉間を走る中央・総武線各駅停車。黄緑から黄色へと帯を張り替え、搭載した機器も一部を更新した上で、新たな舞台で活躍しています。

中央・総武線各駅停車に転用されたE231系500番台
中央・総武線各駅停車に転用されたE231系500番台
東京総合車両センターで中央・総武線仕様に改造中のE231系500番台
東京総合車両センターで中央・総武線仕様に改造中のE231系500番台

これまで中央・総武線で走っていた車両は……というと、こちらは数本が残留するほかは、改造の上で他路線へと転属。武蔵野線や八高線、川越線などで、これまで活躍していた車両を置き換えています。このように、新車投入で捻出された車両で、さらに他路線の車両を置き換える方法を、「玉突き転配」などと呼ぶこともあります。

山手線のラインカラーは、ご存じ黄緑色です。正式には「黄緑6号」と呼ばれるこの色は、1963年に登場し、山手線に投入された103系が初採用したもの。以降、1985年にデビューした「2代目」205系、今回引退する「3代目」E231系、新型車両の「4代目」E235系と、山手線の歴代の車両に受け継がれています。

ついに引退を迎えた、3代目の「黄緑の山手線」。しかし、姿を変えて異動した先では、まだまだ活躍が続きそうです。

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

700系、20年の歩み

まもなく引退する東海道新幹線700系。1999年のデビューからの歴史を振り返ります。

画像

201系が引退へ

JR西日本が225系を追加製造。捻出した221系により、大和路線などの201系は順次引退。

画像

6月に渋谷駅ホーム移設

埼京線渋谷駅のホームが、6月に山手線ホーム横へ移設。切換工事での一部列車・区間運休も。

画像

武庫川線に新デザイン車両

阪神武庫川線に、5500系の改造車を投入。車両のデザインテーマは「野球」。

画像

松戸駅の改良工事

松戸駅の駅改良工事が今春着手。東西通路の拡幅、改札内コンコースの拡張など。南側では駅ビルの建設も。

画像

2月の鉄道イベント一覧

JRダイヤ改正まであと1か月。2月のプランニングには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。