新たな京急グループ本社が竣工 ところどころに「京急らしさ」

2019年9月2日(月) 鉄道コムスタッフ

京浜急行電鉄は9月2日、神奈川県横浜市西区に建設した「京急グループ本社」の竣工記念式典を開催しました。

9月2日に開催された「京急グループ本社」竣工記念式典
9月2日に開催された「京急グループ本社」竣工記念式典

京急グループ本社は、京浜急行電鉄のほか、京浜急行バスや京急ストアなど、グループ11社が入居する施設。これまで泉岳寺エリアに点在していたグループ各社の本社を統合し、約1200人の社員を1つの拠点へと集めることで、グループの業務効率化や連携強化を狙います。

横浜市西区に建設された京急グループ本社
横浜市西区に建設された京急グループ本社

また、グループ本社の1階には、かつて京急で活躍した230形デハ236号を展示し、シミュレーターも設置する企業ミュージアムを2019年度中に開設予定。さらに、認可保育所も併設されるといいます。

京浜急行電鉄 取締役社長の原田一之さんは、本社を移転する理由について、品川エリアで進行中の大規模再開発事業に触れ、「事業促進のためには京急グループが積極的に区画整理に参画する必要があり、泉岳寺からの移転は不可欠だった」と解説しました。

京浜急行電鉄 取締役社長の原田一之さん
京浜急行電鉄 取締役社長の原田一之さん

本社の移転先については、従来と同じ品川エリアや、創業の地である川崎エリア、さらには国外と繋がる羽田空港も検討されたといいます。原田さんは、「都心と三浦半島を結ぶ京急線において、横浜はちょうど真ん中に位置する。事業展開を考えると、横浜に拠点を構えることは非常に意味のあること」と、横浜を拠点に据えた理由を説明しました。

また、1階に開設する企業ミュージアムについては、「市民を始め、さまざまな人に楽しんでもらえるような施設にしていきたい」と説明。さらに、「近隣には原鉄道模型博物館やアンパンマンミュージアムなどのミュージアム群があり、連携もしていきたい」と、将来構想についても触れました。

次のページ
京急のモチーフや廃品の活用--京急らしさあふれる新本社

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

ソニック、かもめ、九州横断特急、指宿のたまて箱、或る列車、水都、ゆうすげ号…

鉄道コムおすすめ情報

画像

スカイライナーが青砥に停車

京成電鉄の「スカイライナー」が、4月11日より当分の間、青砥駅に停車。

画像

「銀河」のデビューが延期に

5月8日運転開始予定だった「WEST EXPRESS 銀河」、運転開始日が延期に。

画像

京急品川駅が地平に

東京都が京急線泉岳寺~新馬場間の連続立体交差事業に着手。品川駅は地平化し、2面4線に。

画像

新たな路面電車「LRT」とは

富山県の富山港線のほか、宇都宮でも建設が進む「LRT」。その内容や導入効果をご紹介します。

画像

新「アンパンマン列車」導入

JR四国が、2700系の「アンパンマン列車」を新たに導入。運転開始予定は2020年夏。

画像

4月の鉄道イベント一覧

暖かくなる時期となりました。4月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。