新たな京急グループ本社が竣工 ところどころに「京急らしさ」

2019年9月2日(月) 鉄道コムスタッフ

京浜急行電鉄は9月2日、神奈川県横浜市西区に建設した「京急グループ本社」の竣工記念式典を開催しました。

9月2日に開催された「京急グループ本社」竣工記念式典
9月2日に開催された「京急グループ本社」竣工記念式典

京急グループ本社は、京浜急行電鉄のほか、京浜急行バスや京急ストアなど、グループ11社が入居する施設。これまで泉岳寺エリアに点在していたグループ各社の本社を統合し、約1200人の社員を1つの拠点へと集めることで、グループの業務効率化や連携強化を狙います。

横浜市西区に建設された京急グループ本社
横浜市西区に建設された京急グループ本社

また、グループ本社の1階には、かつて京急で活躍した230形デハ236号を展示し、シミュレーターも設置する企業ミュージアムを2019年度中に開設予定。さらに、認可保育所も併設されるといいます。

京浜急行電鉄 取締役社長の原田一之さんは、本社を移転する理由について、品川エリアで進行中の大規模再開発事業に触れ、「事業促進のためには京急グループが積極的に区画整理に参画する必要があり、泉岳寺からの移転は不可欠だった」と解説しました。

京浜急行電鉄 取締役社長の原田一之さん
京浜急行電鉄 取締役社長の原田一之さん

本社の移転先については、従来と同じ品川エリアや、創業の地である川崎エリア、さらには国外と繋がる羽田空港も検討されたといいます。原田さんは、「都心と三浦半島を結ぶ京急線において、横浜はちょうど真ん中に位置する。事業展開を考えると、横浜に拠点を構えることは非常に意味のあること」と、横浜を拠点に据えた理由を説明しました。

また、1階に開設する企業ミュージアムについては、「市民を始め、さまざまな人に楽しんでもらえるような施設にしていきたい」と説明。さらに、「近隣には原鉄道模型博物館やアンパンマンミュージアムなどのミュージアム群があり、連携もしていきたい」と、将来構想についても触れました。

次のページ
京急のモチーフや廃品の活用--京急らしさあふれる新本社

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コム20周年記念

画像

【今週末開催】写真セミナー

鉄道写真のプロが、一歩上をいく撮影・作品づくりを伝授。まもなく受付終了。

画像

「懐かしの鉄道写真展」開催中

写真コンテストの優秀作品を展示。開催期間は9月14日~27日。10月には大阪でも開催。

鉄道コムおすすめ情報

画像

京阪8000系30周年

京阪鴨東線開業・8000系誕生30周年を記念したヘッドマークを掲出。クイズラリーや新グッズも。

画像

豊鉄「モ3201号」ラストラン

豊橋鉄道市内線の「モ3201号」が、9月19日をもって運転を終了。同線では1976年12月以来、約43年活躍。

画像

静鉄ありがとうフェスタ

10月14日、静鉄グループ100周年記念イベント「しずてつ ありがとうフェスタ」が開催。100周年ラッピング電車の運転体験も。

画像

旧型客車をリニューアル

2020年4月、高崎エリアを走るSL列車の旧型客車がリニューアル。現行の内装での運行は10月28日まで。

画像

9月の鉄道イベント一覧

季節は秋へ。9月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

懐かしの鉄道写真コンテスト 結果発表