構図の作り方をプロカメラマンが指導、撮影講座で鉄道写真入門!

2019年6月11日(火) 鉄道コムスタッフ

撮影実習で編成写真や流し撮りに挑戦

さて、お待ちかねの撮影実習は、千葉県を走る小湊鉄道の養老渓谷駅付近にある「石神の菜の花畑」で開催されました。春には菜の花が咲き誇り、多くの写真家や観光客を集めるこの地……ですが、残念ながら撮影実習時は開花状況がイマイチ。さらに当日は雨もちらつく天気で、晴天下で明るい写真を撮影することは望めない状況でした。しかし当日はこれを逆手に取り、鉄道写真の基本となる編成写真のほか、暗さを活かして流し撮りなどの応用に取り組んだ構成となりました。

養老渓谷駅にて集合
養老渓谷駅にて集合
雨も降る中での撮影実習でしたが、参加者のみなさんは生き生きと撮影に取り組んでいました
雨も降る中での撮影実習でしたが、参加者のみなさんは生き生きと撮影に取り組んでいました

菜の花畑での撮影ですが、まずは基本となる編成写真をトライ。特にこの石神地区には鉄道電話などの通信線が通る電柱がなく、障害物のない構図で撮影できます。

まず最初にやってきたキハ200形の編成写真を撮影。望遠で狙ったため、雨粒が目立つ写真に……
まず最初にやってきたキハ200形の編成写真を撮影。望遠で狙ったため、雨粒が目立つ写真に……
土休日を中心に運転されている「里山トロッコ」もやって来ました。キハ200形よりも引き気味に撮影
土休日を中心に運転されている「里山トロッコ」もやって来ました。キハ200形よりも引き気味に撮影

続いて流し撮りにチャレンジです。晴天下ではシャッタースピードを上げなければ露出オーバーとなってしまうため、撮影することが難しい流し撮り。しかし、光量が減る曇りや雨ならばシャッタースピードを落とせるため、撮影のチャンスです。菜の花を入れた構図で、参加者のみなさんは思い思いにカメラを振っていました。

菜の花を入れた流し撮り
菜の花を入れた流し撮り

筆者が流し撮りを楽しんでいる横で、助川さんはなかなか上手く撮影できない参加者にアドバイス。「流し撮りをする時は、手持ちならVR(手ぶれ補正)はスポーツモードがあればスポーツ、これがなければノーマルモードがオススメです」。ノーマルモードは画質と手ぶれ補正を両立するため、連写時には向かないのだそう。しかし、一部のレンズではスポーツモードの代わりにアクティブモードが搭載されており、こちらよりはノーマルモードの方が良い、と助川さんは説明していました。

また、三脚使用時にはVRをオフにする必要があるそう。「手持ち撮影と三脚を使った撮影では、カメラの動き方が異なります。三脚で流し撮りをする際には、VRを入れたままだと精度が落ちてしまうため、オフにした方が綺麗に撮れます」とのことです。

菜の花畑の前で撮影
菜の花畑の前で撮影

桜を入れた流し撮りに挑戦。列車が桜の木から出てきた瞬間が狙い目です。「桜は晴れていると影が強く出ますが、曇りならば色がまんべんなく広がって綺麗に撮れます」と説明していた助川さん。さらに今回のような曇りならばシャッタースピードを下げられるので、流し撮りもしやすくなります。

桜を手前に配置した流し撮り。列車を主題に、桜を流しています
桜を手前に配置した流し撮り。列車を主題に、桜を流しています

この石神地区は小湊鐵道沿線の有名スポットで、鉄道ファンでない観光客も多く訪れます。当日も雨ながら、バスツアーで訪れたと思われる方が度々見受けられました。このような場合、自分が狙いたかった構図の中に他の人が入ってしまうことがあるかもしれません。助川先生は、「そのような時は穏やかに声を掛けたり、構図を変えたり、どうしても難しいならば撮影後にレタッチしましょう」とアドバイス。激しい言葉を投げかけるなど、自己中心的な言動は決してしてはいけないと、マナーにも言及していました。

帰路のヒトコマ。養老渓谷駅にて
帰路のヒトコマ。養老渓谷駅にて
次のページ
発想次第で素晴らしい写真を

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

広島電鉄、鹿児島市電、とさでん交通、嵐電、富山地方鉄道、東急世田谷線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

東日本の少数派車両たち

さまざまな理由で少数のみが製造された車両たち。北海道・東日本エリアで活躍している車両をご紹介します。

画像

SR1系 有料快速

7月6日~、しなの鉄道「SR1系」が平日の有料快速列車「しなのサンライズ号」「しなのサンセット号」で登場。

画像

ちくてつの「赤電」

筑豊電気鉄道で「赤電」塗装色車両が登場。5月30日に運転開始。

画像

快速あいづ 新HM

6月1日、磐越西線の快速「あいづ」のヘッドマークが新デザインに変更。コンセプトは「季節をめぐる旅べこ」。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。