鉄道コム

札幌市交通局の新聞・放送ニュース

すべて外部サイト

札幌市交通局の記事(新着順) / 1~9件を表示しています

全9件

  • 記事の画像

    新さっぽろ駅周辺の再開発進む 札学大など4月開学

    • 朝日新聞(北海道)
    • 2021年2月24日(水)

     【北海道】JR新札幌駅と札幌市営地下鉄「新さっぽろ駅」周辺地区(札幌市厚別区)の再開発について23日、事業者の大和ハウス工業などが進捗(しんちょく)状況を発表した。二つの街区に大学や病院、分譲マンシ…

  • 北34条駅浸水、排水作業続く

    • 朝日新聞(北海道)
    • 2020年12月17日(木)

    ■原因を調査中 札幌市営地下鉄南北線の北34条駅で14日に発生した浸水は16日も収まらず、駅は復旧していない。市交通局によると、水の量はピーク時より減り、16日午前は最も深いところで21センチ程度とな…

  • 記事の画像

    札幌市営地下鉄、終日運転見合わせ 北海道地震

    • 朝日新聞(社会)
    • 2019年2月21日(木)

     札幌市営地下鉄は21日、終日の運転見合わせを決めた。地震発生後、南北、東西、東豊の全3路線で運行を停止していたが、終電までに点検作業を終えられないためだ。翌日の運行は、夜間の点検の結果を受けて判断す…

  • 記事の画像

    札幌五輪ふたたび、あの曲が地下鉄メロディーに

    • 朝日新聞(北海道)
    • 2019年2月5日(火)

     47年前の感動よ、ふたたび――。札幌市営地下鉄のホームで4日から、懐かしいメロディーが流れ始めた。1972年の札幌冬季五輪のテーマ曲「虹と雪のバラード」だ。2030年の冬季五輪・パラリンピックの開催…

  • 札幌市営地下鉄と市電、始発から平常通りに運行

    • 朝日新聞(社会)
    • 2018年9月8日(土)

     札幌市交通局によると、市営地下鉄の3路線(南北線、東西線、東豊線、総延長48キロ)と、市内を循環する市電は8日の始発から平常通り運行している。…

  • 記事の画像

    札幌市営地下鉄と市電、8日から平常運行に

    • 朝日新聞(社会)
    • 2018年9月7日(金)

    ■インフラ情報 北海道地震 札幌市交通局は7日夜、本数を減らして運行を再開していた市営地下鉄の全線(南北線、東西線、東豊線)と市電について、8日以降は始発から平常運行にすると発表した。…

  • 記事の画像

    「動いてくれよかった。安心」札幌地下鉄、再開喜ぶ市民

    • 朝日新聞(社会)
    • 2018年9月7日(金)

     札幌市営地下鉄の東西線(新さっぽろ―宮の沢)は7日午後2時20分に運転を再開した。同50分には南北線と東豊線も復旧した。 3線の乗換駅となる大通駅では、電車を待つ人はまばらでホームは混雑しなかったも…

  • 札幌市営地下鉄が全線で運転再開 本数を減らして運行

    • 朝日新聞(社会)
    • 2018年9月7日(金)

     札幌市営地下鉄の東西線(新さっぽろ―宮の沢)は7日午後2時20分、全線で運転を再開した。ふだんは7分間隔だが、12分間隔に減便して運行している。南北線、東豊線も再開に向けて準備している。…

  • JR北海道など全線で運転見合わせ 新千歳空港で水漏れ

    • 朝日新聞(社会)
    • 2018年9月6日(木)

     6日未明に起きた北海道胆振地方を震源とする地震で、道内各地で被害が出ている。 JR北海道は6日朝の始発から全線で運転を見合わせた。復旧のめどはたっていない。札幌市営地下鉄と市電も停電のため、始発から…

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

特急「いわき」

E653系7両編成による臨時特急列車。4月2日・3日に八王子~いわき間で運転。

画像

DL大樹が会津へ

2月12日、「DL大樹」が会津田島駅発着で運転。350型乗車のツアー開催も。

画像

阪神が誇るスプリンター

加減速に優れた阪神電気鉄道の普通車用「ジェットカー」。旧型の「青胴車」は、引退の時が近づいているようです。

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。