鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR西、京阪神都市圏の「複雑な運賃体系」見直しを発表 2025年4月に実施へ

2024年5月15日(水)17時24分

JR西日本は15日、京阪神都市圏における運賃体系の見直しを発表した。

JR京都線の電車
JR京都線の電車

京阪神都市圏では、通常の幹線用の運賃のほか、割安な「電車特定区間」、さらに割安な電車特定区間の「大阪環状線内」という3種類の運賃体系が、国鉄時代から設定されている。同社は、都市圏域の拡大にともなう輸送サービスや利用状況と運賃水準の不一致が課題であると認識。今回、同じレベルの輸送サービスを提供しているエリアにおいて運賃体系を統合し、平準化を図ることを決めた。

今回の見直しでは、電車特定区間の対象範囲を拡大。従来は京都~大阪~西明石間、天王寺~和歌山・奈良間などが対象だったところ、野洲~京都間、山科~堅田間、京都~亀岡間、尼崎~新三田間、西明石~網干間、日根野~関西空港間なども対象に加える。一方で、大阪環状線内の区分は廃止し、通常の電車特定区間に統合する。

新たな「電車特定区間」の適用区間。従来区間(水色)に加え、赤色区間(従来の「幹線」運賃適用区間)にも拡大する。一方、「大阪環状線内」(青色)の区分は廃止し、通常の電車特定区間に統合する
新たな「電車特定区間」の適用区間。従来区間(水色)に加え、赤色区間(従来の「幹線」運賃適用区間)にも拡大する。一方、「大阪環状線内」(青色)の区分は廃止し、通常の電車特定区間に統合する

1キロあたりの賃率も変更する。電車特定区間における改定後の1キロあたりの賃率は15.50円で、従来の15.30円、大阪環状線内の13.25円からは、それぞれ値上げとなる。一方、電車特定区間の拡大区間(従来の幹線運賃適用区間)における1キロあたりの賃率は16.20円のため、拡大区間内や同区間にまたがる利用時の運賃は値下げとなる。改定後の運賃(鉄道バリアフリー料金を含まず)は、初乗り140円、7キロ超10キロ以内が190円など。また、電車特定区間の拡大区間は、鉄道駅バリアフリー料金(大人普通旅客運賃10円、同通勤定期旅客運賃1か月300円など)の収受対象となる。

JR西日本は、国土交通大臣に対し、15日付で本内容の上限運賃を申請した。運賃改定は、2025年4月1日発売分以降が対象となる。JR西日本は、本改定により運賃が値上げとなる区間、値下げとなる区間の双方があるが、同社の運賃収入は全体としては増収とならない想定のもと、運賃を設定していると説明する。

2024年5月15日(水)17時24分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

3200形「フレキシブルに変更」の意味は?

京成電鉄の新型車両「3200形」。組成内容や連結器の秘密を同社に聞きました。

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。