鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR東、新型車両による砕石輸送を開始 茨城県・福島県・千葉県の各線に向け輸送

2024年3月15日(金)15時35分

JR東日本水戸支社は15日、新型砕石輸送気動車「GV-E197系」による砕石輸送を開始すると発表した。

GV-E197系
GV-E197系

同支社では、水郡線の西金駅構内に、レールの下に散布する砕石の積み込み場を設けている。同駅付近の採石場で生産した砕石は、茨城県、福島県、千葉県の線路で使用しているという。同支社はこれまで、ディーゼル機関車と貨車を用いて砕石の運搬列車を運転していたが、今回これをGV-E197系に置き換える。

GV-E197系は、砕石の運搬などを目的に、2021年から新造された車両。砕石用貨車4両を、電気式気動車の動力車2両が挟み込む構成となっている。従来の機関車けん引列車から置き換えることで、方向転換時の機関車付け替え作業の廃止や、車両運転免許の電車との統一、省メンテナンス化を実現するという。また、貨車の砕石散布方法を見直したことで、散布時の人力作業量削減にもつながるとしている。

機関車付け替え作業の廃止
機関車付け替え作業の廃止
車両構造の違いによる省メンテナンス化
車両構造の違いによる省メンテナンス化
従来車両との砕石散布方法の違い
従来車両との砕石散布方法の違い

GV-E197系による砕石運搬は、4月2日に開始する。

2024年3月15日(金)15時35分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

  • 近鉄新型一般車「8A系」営業運転開始[2024年10月]
  • JR東海「アクロス」機能向上[2024年10月]
  • 福島交通キャッシュレス決済サービス導入[2024年9月~10月頃]
  • 名鉄金山駅ホームドア実証試験開始[2024年10月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

2027年に500系引退

2027年をめどに運用終了すると発表。N700系の8両短縮編成で置き換えへ。

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。