鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

JR四国、新型ハイブリッド式車両の導入計画を発表 量産先行車は2025年12月に落成

2024年2月14日(水)16時24分

JR四国は14日、ハイブリッド式車両の導入計画について発表した。

新型ハイブリッド式気動車のイメージ
新型ハイブリッド式気動車のイメージ

導入する車両は、老朽化したローカル気動車の置き換えを目的としたもの。従来のディーゼルエンジンを動力源とする方式ではなく、モーターで走行するハイブリッド式を採用する。

車両は2両編成を組成。車体はステンレス製で、JR四国のコーポレートカラーであるライトブルーで塗り分ける。また、ゴールドのラインや側面のストライプで、四国の豊かな自然、澄み切った空気や水を表現する。

走行システム面では、ディーゼルエンジンに加え、発電機、蓄電池、モーターを搭載する。走行用の電力は、ディーゼルエンジンで発電するほか、ブレーキ時などに蓄電池に貯めたものを使用する。また、駅停車時にはアイドリングストップを実施する。

ハイブリッド式車両の走行イメージ図
ハイブリッド式車両の走行イメージ図

ハイブリッド式車両では、従来式の気動車と比較し、変速機や推進軸といった、複雑な構造の部品、回転部品が不要となる。また、加速時のギアチェンジもなくなる。システム面では、主変換装置、モーターなどの部分が、電車と同じ構成となる。同社では、これらの変更により、従来車両よりも安全性や信頼性、快適性、メンテナンス性の向上、環境負荷の低減が実現できるとしている。

ハイブリッドシステムの構成図
ハイブリッドシステムの構成図

今回導入する車両は、近畿車輛が製造する。JR四国では、2025年12月に、量産先行車2両編成2本が完成した後、性能確認試験を実施。その後に営業運転を開始するとしている。また、量産車は2027年度の導入を予定している。

2024年2月14日(水)16時24分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

京成「3200形」2025年冬登場

京成電鉄の新型車両「3200形」。フレキシブルに変更できる車両で、24年度は6両を導入。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。