鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

能勢電鉄、妙見の森事業の2024年終了を決定 妙見の森ケーブルも廃止へ

2023年6月23日(金)15時2分

能勢電鉄は23日、「妙見の森」関連事業の終了を発表。あわせて、鋼索線「妙見の森ケーブル」の廃止届を、近畿運輸局長に提出した。

妙見の森ケーブル(画像:能勢電鉄)
妙見の森ケーブル(画像:能勢電鉄)

妙見の森ケーブルは、黒川~ケーブル山上間の約0.6キロを結ぶケーブルカー。現在の路線は1960年に開業したもので、ケーブル山上駅で接続する索道線「妙見の森」リフトと共に、妙見山のアクセスを担っている。

能勢電鉄では、妙見の森関連事業について、利用の減少傾向が続いていたと説明。アクティビティ施設の整備などで事業に取り組んできたものの、通年にわたる安定した集客にはつながらなかったという。また、コロナ禍の影響で事業環境が厳しさを増したほか、今後大規模な更新投資が必要であると見込まれたことから、妙見の森関連事業の営業終了を決定した。

妙見の森ケーブルの廃止日は、2024年6月24日を予定。公衆の利便を阻害する恐れがないと認められた場合には、廃止日を繰り上げる可能性もあるとしている。妙見の森リフトやその他妙見の森事業は、鋼索線の廃止と同時に営業を終了する。

2023年6月23日(金)15時2分更新

鉄道未来インデックス

  • 阪急2000系・2300系導入[2024年夏]
  • 駒沢大学駅リニューアル工事竣工[2024年夏]
  • 津山駅リニューアル工事完了[2024年夏ごろ]
  • 京成 関東鉄道100パーセント子会社化[2024年9月1日(日)]
  • 大阪駅西側新改札口全面開業[2024年夏]
  • 広島電鉄 新乗車券システム「MOBIRY DAYS」本格導入[2024年9月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

3200形「フレキシブルに変更」の意味は?

京成電鉄の新型車両「3200形」。組成内容や連結器の秘密を同社に聞きました。

画像

「キャニオンルート」年内断念

新たな観光ルート「黒部宇奈月キャニオンルート」、黒部峡谷鉄道の鉄橋被災で年内開放を断念。

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。