鉄道コム

JR東、機関車置き換え用車両の量産車を2023年度以降導入

2022年5月13日(金)15時43分

JR東日本は13日、新型砕石輸送気動車および事業用電車の量産車を新造すると発表した。

事業用電車「E493系」
事業用電車「E493系」

新型砕石輸送気動車「GV-E197系」は、線路用の砕石を搭載する車両「ホッパ車」と、ホッパ車をけん引する気動車からなる車両。砕石輸送や砕石散布作業のほか、けん引車両は非電化区間の車両入換作業や回送車両けん引などに使用する。事業用電車「E493系」は、直流電化区間および交流電化区間の双方で走行可能な車両。2両編成で、車両入換作業や回送車両けん引などに充当する。両形式は、いずれも2021年に量産先行車を導入。性能試験や技術検証の結果を踏まえ、量産車の投入に至った。

新型砕石輸送気動車「GV-E197系」
新型砕石輸送気動車「GV-E197系」

同社ではこれまで、砕石輸送や砕石散布、車両の長距離回送において、国鉄時代に製造された電気機関車やディーゼル機関車、貨車を使用してきた。しかし、いずれも老朽化が進んでいるほか、一般的な電車・気動車とは構造が異なるため、運転取扱およびメンテナンスの面で課題となっていた。

国鉄時代製造の電気機関車
国鉄時代製造の電気機関車

新たに同社が開発した2形式は、いずれも電気式気動車および電車と構造を統一し、機関車固有の運転方法やメンテナンス方法を排除。GV-E197系では、ホッパ車の両端にけん引車を配置することで、方向転換時の機関車の付け替え作業も不要となる。

E493系の量産先行車
E493系の量産先行車

投入両数は、GV-E197系がホッパ車を含む6両編成が6本およびけん引用車両2両、E493系が2両編成1本。運用開始時期は2023年度以降で、JR東日本全エリアで順次運用を開始する。

2022年5月13日(金)15時43分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1863件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全499件

E493系 GV-E197系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全278件

鉄道コムおすすめ情報

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 新京成電鉄上場廃止・京成電鉄子会社化[2022年9月1日(木)]
  • 西九州新幹線武雄温泉~長崎間開業[2022年9月23日(祝)]
  • 西鉄雑餉隈新駅駅名発表[2022年夏]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: