鉄道コム

JR東、機関車置き換え用の事業用車両2形式を導入

2021年1月19日(火)14時57分

GV-E197系(イメージ)
GV-E197系(イメージ)

JR東日本は19日、機関車列車の代替用車両として、新型砕石輸送気動車と事業用電車を導入すると発表した。

砕石輸送気動車「GV-E197系」は、砕石輸送や砕石散布作業などに使用する電気式気動車。量産先行車として、両運転台式の先頭車(GV-E197形)2両と、砕石運搬用のホッパ車(GV-E196形)4両の6両編成を組む。先頭車については、非電化区間の車両の入換作業や、回送列車のけん引にも使用する。

事業用電車「E493系」は、車両の入換作業や回送列車のけん引などに使用する交直流電車。GV-E197系と同様のデザインだが、片運転台式で2両編成を組成する。

GV-E197系、E493系とも、国鉄時代に製造された機関車けん引による砕石輸送・砕石散布列車、車両回送列車の置き換えを目的としたもの。電車方式や気動車方式を採用することで、機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃し、効率的なメンテナンスを可能とする。また、GV-E197系においては、編成の両端に運転台を有するため、機関車の位置を付け替える作業を廃し、作業効率化を実現する。

GV-E197系は高崎エリアに、E493系は首都圏エリアに、それぞれ2021年春以降に先行投入。性能試験を実施した後に、運用を開始する。

2021年1月19日(火)14時57分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1895件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全504件

GV-E197系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全280件

鉄道コムおすすめ情報

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: