鉄道コム

エンジン動作データをリアルタイム送信、JR東海が状態監視システムの運用を開始へ

2022年3月9日(水)17時31分

JR東海は9日、在来線車両の状態監視システム「DIANA」(ディアーナ)の運用を開始すると発表した。

DIANAの概要
DIANAの概要

DIANAは、新型車両の315系とHC85系に搭載する、車両機器の稼働状況や故障状況等を遠隔で常時監視できるシステム。これまでの車両では、1日~数日間に1回程度、車両基地にて動作データを地上へ送信していたが、DIANAではLTE通信を活用することで、車両基地などへリアルタイムにデータを送信できる。これにより、車両不具合の予兆を車両基地などへ通知し、不具合に至る前の段階での調査・修繕対応を可能とするほか、異常発生時にも車両基地や指令所などで状況を把握できるようになるという。

従来システムとの比較
従来システムとの比較

DIANAのデータ取得対象は、315系が9機器、HC85系が12機器。いずれも従来の313系やキハ25系より取得対象機器が増加している。また、HC85系においては、エンジンや過給機、ラジエーターといった、エンジン関連機器をデータ取得対象に含めている。これらエンジン関連のリアルタイムなデータ通信は、国内では初の事例だという。

HC85系の取得データ例
HC85系の取得データ例

また、315系においては、DIANAを活用することで、きめ細やかな冷房制御を実現。乗務員が手動補正した時点の各種データを地上へ送信し、AIが自動学習することで、冷房をきめ細やかに制御し、快適な車内環境を維持する。

315系の冷房制御学習システム
315系の冷房制御学習システム

DIANAの運用開始は、2022年4月1日を予定。なお、315系のAIによる冷房の自動学習・制御最適化機能については、同形式がデビューした3月5日に運用を開始している。

2022年3月9日(水)17時31分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

  • こんな記事がありました。 エンジン動作データをリアルタイム送信、JR東海が状態監視システムの運用を開始へ - 鉄道コムJR東海は9日、在来線車両の状態監視システム「DIANA」(ディアーナ)の運用を開始すると発...

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: