鉄道コム

阪神、2022年7月に磁気定期券の発売を原則終了

2022年1月31日(月)14時49分

阪神電気鉄道は31日、2022年7月をもって磁気定期券の発売を原則終了すると発表した。

同社では、2006年7月よりIC定期券を発売しており、現在は定期券利用者におけるIC定期券の利用率が高くなっているという。また、新型コロナウイルスの感染拡大後、キャッシュレスや非接触のサービスであるICカードのニーズが高まっていることも踏まえ、磁気定期券の発売終了を決定した。

磁気定期券は、3月14日をもって自動定期券発売機での発売を終了。7月31日には係員定期券発売所での発売も終了する。なお、障害者割引の適用者のほか、連続する区間での2枚以上の定期券の利用者、改札機で磁気定期券と他の乗車券を併用する利用者、その他IC定期券で発売できない区間の利用者に対しては、磁気定期券の発売を継続する。

2022年1月31日(月)14時49分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全7件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 岡山県北エリア新観光列車導入[2022年7月1日(金)]
  • 山城青谷駅橋上駅舎開業[2022年7月23日(土)]
  • 北陸新幹線自動運転実車試験実施[2022年度]
  • 大阪メトロ30000A系営業運転開始[2022年7月]
  • 阪神電気鉄道磁気定期券発売終了[2022年7月31日(日)]
  • 新京成電鉄上場廃止・京成電鉄子会社化[2022年9月1日(木)]
  • ふたつ星4047運転開始[2022年9月23日(祝)]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: