鉄道コム

東武が新型特急「N100系」導入、ラウンジやカフェカウンターを設置

2021年11月11日(木)15時27分

東武鉄道は11日、特急「スペーシア」の後継となる特急型車両「N100系」を導入すると発表した。

新型車両のN100系(イメージ)
新型車両のN100系(イメージ)

N100系は、1990年にデビューした100系「スペーシア」の後継となる車両。6両固定編成で、4本24両を導入する。「スペーシアの後継モデル」としているが、N100系の車両愛称はまだ決定していない。

車両のコンセプトは「Connect & Updatable~その人、その時と、つながり続けるスペーシア~」。鉄道の物理的なつながりに留まらず、様々な情報やサービスを更新し提供することで、車両に乗り込んだ瞬間から「自分だけの最適な日光・鬼怒川エリア」とつながることができ、幾度も同エリアを訪れたくなる特急を目指す。

車両のデザインは、現行の「スペーシア」を現代風に進化させたフォルム。日光東照宮の陽明門、唐門、御本社に塗られた「胡粉(ごふん)」の白を彷彿とさせるカラーリングとし、窓枠は鹿沼の「組子」や江戸の「竹編み細工」を連想させる形状とする。

現行の100系「スペーシア」
現行の100系「スペーシア」

車内では、現行の「スペーシア」と同様に個室を引き続き設置。新たにラウンジやカフェカウンターなども設ける。1編成あたりの座席定員は212席で、現行「スペーシア」の288席よりも76席減少する。

N100系のデビュー時期は、2023年を予定。東武鉄道では、「スペーシアが築いてきた伝統や認知度・イメージを維持・継承しながら、より上質なフラッグシップ特急を導入し、同エリアの観光需要喚起を図る」としている。また、N100系の運行に要する使用電力相当分を全て再生可能エネルギー由来の電力へと実質的に置き換え、カーボンニュートラルな運行も実現するという。

2021年11月11日(木)15時27分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全160件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全185件

東武 N100系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全15件

鉄道コムおすすめ情報

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

200系カラーのE2系

東北・上越新幹線開業40周年を記念して、E2系が200系カラーに。ツアー列車の運転も。

画像

185系新幹線リレー号

上野~大宮間の「新幹線リレー号」が、7月に団体臨時列車で復活。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 西武豊島園駅新駅舎竣工[2023年夏ごろ]
  • 東海道・山陽新幹線コムトラック取替[2023年10月]
  • 東急初代5000系復原保存[2022年以降]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: