鉄道コム

東武が新型特急「N100系」導入、ラウンジやカフェカウンターを設置

2021年11月11日(木)15時27分

東武鉄道は11日、特急「スペーシア」の後継となる特急型車両「N100系」を導入すると発表した。

新型車両のN100系(イメージ)
新型車両のN100系(イメージ)

N100系は、1990年にデビューした100系「スペーシア」の後継となる車両。6両固定編成で、4本24両を導入する。「スペーシアの後継モデル」としているが、N100系の車両愛称はまだ決定していない。

車両のコンセプトは「Connect & Updatable~その人、その時と、つながり続けるスペーシア~」。鉄道の物理的なつながりに留まらず、様々な情報やサービスを更新し提供することで、車両に乗り込んだ瞬間から「自分だけの最適な日光・鬼怒川エリア」とつながることができ、幾度も同エリアを訪れたくなる特急を目指す。

車両のデザインは、現行の「スペーシア」を現代風に進化させたフォルム。日光東照宮の陽明門、唐門、御本社に塗られた「胡粉(ごふん)」の白を彷彿とさせるカラーリングとし、窓枠は鹿沼の「組子」や江戸の「竹編み細工」を連想させる形状とする。

現行の100系「スペーシア」
現行の100系「スペーシア」

車内では、現行の「スペーシア」と同様に個室を引き続き設置。新たにラウンジやカフェカウンターなども設ける。1編成あたりの座席定員は212席で、現行「スペーシア」の288席よりも76席減少する。

N100系のデビュー時期は、2023年を予定。東武鉄道では、「スペーシアが築いてきた伝統や認知度・イメージを維持・継承しながら、より上質なフラッグシップ特急を導入し、同エリアの観光需要喚起を図る」としている。また、N100系の運行に要する使用電力相当分を全て再生可能エネルギー由来の電力へと実質的に置き換え、カーボンニュートラルな運行も実現するという。

2021年11月11日(木)15時27分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

「銀色のつばさ」復活

「つばさ」用のE3系1本が、デビュー時のシルバーカラーに塗装変更。2月11日に営業運転開始。

画像

東急8500系ついに引退

1月25日に8500系8637編成が廃車回送。約48年の東急8500系の活躍に終止符を打ちました。

画像

115系カラーコレクション

新潟支社115系の塗装解説・図面集。「JRE MALL」にて受注生産で販売。

画像

キハ183系ラストラン

3月25日から4月10日にかけて、道内各地でキハ183系の臨時列車を運転。ラストランは4月10日。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2023年も、鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。