鉄道コム

JR西、新型総合検測車「DEC741」を導入

2021年10月27日(水)18時23分

JR西日本は27日、新型総合検測車「DEC741」を導入すると発表した。

DEC741(イメージ)
DEC741(イメージ)

DEC741は、「鉄道システムの再構築」に向けた取り組みの一環として導入するもの。これまで使用してきた検測車「クモヤ443系」より機能を強化・追加し、作業の効率化を図る。

架線検測では、クモヤ443系の装置では不可能だった架線の高低差などの測定も可能にする「電気設備測定装置」を搭載する。また、現在は作業員が現地で行っている信号機などの電気設備の点検も、様々な角度で配置された50台のカメラにより各設備の状態を取得できる「電気設備撮像装置」を車上に設置して検測する。これらの装置によって現地での目視検査を削減し、重大労災のリスクを低減するほか、他の取り組みとあわせ、2030年までに鉄道設備の検査業務の約1割削減を目指すとしている。

電気設備測定装置
電気設備測定装置
電気設備撮像装置
電気設備撮像装置

走行システムには、電気式気動車「DEC700」と同一のものを採用する。気動車とすることで、同社管内の在来線全線を走行可能とする。また、JR四国やJR九州、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道、肥薩おれんじ鉄道、WILLER TRAINSの各社路線へも乗り入れる。

DEC741形は、2両1編成が2021年11月に落成予定。JR西日本では、2022年4月より架線検測を開始し、2025年度の電気設備の検査の開始を目指すとしている。

2021年10月27日(水)18時23分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全310件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全85件

DEC741で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全45件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの観光列車」に一票を

SLばんえつ物語、志国土佐時代の夜明けものがたり、くしろ湿原ノロッコ号、36ぷらす3…

鉄道コムおすすめ情報

画像

近鉄「あをによし」料金発表

大阪難波~近鉄奈良~京都間で運転予定の観光特急。難波~京都間は大人1960円に。

画像

電気式気動車のしくみ

近年導入例が増えている、古くて新しい「電気式気動車」。そのシステムを解説します。

画像

「ふたつ星」外観デザイン

JR九州が「ふたつ星4047」外観などのデザインを発表。その改造種車の正体は……?

画像

「SL銀河」運転終了へ

JR東日本が、キハ141系老朽化のため、2023年春での「SL銀河」運転終了を発表。

画像

標準レンズで「編成写真」

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。標準レンズを使った編成写真撮影のコツとは

画像

12月の鉄道イベント一覧

2021年もあとわずか。12月の予定立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年11月15日(月)]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2021年12月18日(土)]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 小田急電鉄小児IC運賃一律50円化[2022年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: