鉄道コム

高画質映像の伝送実現へ、JR東海が東海道新幹線にミリ波列車無線を導入

2021年9月22日(水)17時4分

ミリ波用車載アンテナ
ミリ波用車載アンテナ

JR東海は22日、東海道新幹線にミリ波方式の列車無線を整備すると発表した。

東海道新幹線では現在、指令と列車の通信に使用する列車無線には、線路横に通信ケーブルを設置するLCX(漏洩同軸ケーブル)方式を採用している。同社では、メンテナンスの省力化やセキュリティ強化の推進を目的に、ミリ波による列車無線システムの開発を進めてきた。

ミリ波方式では、沿線の平均500メートル毎に地上アンテナを設置。車両側アンテナは、従来の先頭車側面に代え、先頭部連結器カバー内に設置する。この方式により、通信速度は最大1Gbpsを実現。LCX方式で使用する400MHz帯の電波と比べ、約300倍の大容量通信が可能となる。

また、ミリ波は雨により電波が弱くなる性質があるため、特に豪雨時には安定した通信ができなくなる恐れがある。そのため、同社では同一信号を複数回送信する「豪雨モード」を開発。悪天候時においても安定した通信を可能とした。

同社では、ミリ波方式の採用により、画像・映像伝送の機能の強化を図る。従来はLTE回線を使用して送信していた車内防犯カメラの映像を列車無線経由での送信とするほか、運転台に設置するカメラの映像を指令へ伝送することで、障害発生時の状況確認を迅速化する。また、運転台やパンタグラフ付近に設置するカメラ、軌道監視装置などで取得した映像・データを送信し、地上側で解析することで、係員による巡回検査の削減にもつなげる。

ミリ波列車無線の導入工事は、2021年12月に開始。2027年1月に運用を開始する予定としている。

2021年9月22日(水)17時4分更新

鉄道コムお知らせ

画像

まもなく投票締め切り

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 山陽本線姫路~英賀保間新駅開業[2026年秋]
  • 東海道新幹線ミリ波列車無線使用開始[2027年1月]
  • 上瀬谷ライン開業[2027年3月まで]
  • しなの鉄道SR1系導入完了[2026年度]
  • マニラ首都圏地下鉄向け車両納入完了[2027年3月]
  • 福島駅山形新幹線新アプローチ線供用開始[2026年度末]

鉄道コムおすすめ情報

画像

レール幅が3種類の都営地下鉄

浅草線・大江戸線、三田線、新宿線で別々の仕様を採用。なぜレール幅の数が増えてしまった?

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。