鉄道コム

JR九州、西九州新幹線「かもめ」用車両のデザインを発表

2021年7月28日(水)16時27分

JR九州は28日、西九州新幹線に導入する車両「N700S」のデザインを決定したと発表した。

「かもめ」用車両デザイン(イメージ)
「かもめ」用車両デザイン(イメージ)

デザインコンセプトは、「九州らしいオンリーワンの車両」。「九州の経済と文化と人を結び、豊かなコミュニケーションを生む」「『新幹線つばめ』のDNAを持続させ、変化・進化させて『新幹線かもめ』を表現」「西九州から吹く暖かくて優しい風を世界へ届ける」の3点をテーマにしたという。

エクステリアデザインとしては、JR九州のコーポレートカラーである赤を配色し、シンボルマークやロゴを配置。また、列車名である「かもめ」を毛筆体であしらっている。

シンボルマーク(左)と毛筆による愛称名(右)(イメージ)
シンボルマーク(左)と毛筆による愛称名(右)(イメージ)

インテリアデザインは、「優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい」をテーマに、色、形、素材を選定。和洋折衷、クラシックとモダンを組み合わせた、「懐かしくて新しい空間」を表現したとしている。座席は、1~3号車の指定席が2+2列、4~6号車の自由席が2+3列配置とする。

指定席インテリア(イメージ)
指定席インテリア(イメージ)
自由席インテリア(イメージ)
自由席インテリア(イメージ)
デッキ部デザイン(イメージ)
デッキ部デザイン(イメージ)

西九州新幹線の武雄温泉~長崎間は、2022年度秋ごろの開業を予定している。

2021年7月28日(水)16時27分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1438件

九州新幹線 西九州新幹線 車両 デザインで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全585件

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 山城青谷駅橋上駅舎開業[2022年7月23日(土)]
  • 北陸新幹線自動運転実車試験実施[2022年度]
  • 大阪メトロ30000A系営業運転開始[2022年7月]
  • 阪神電気鉄道磁気定期券発売終了[2022年7月31日(日)]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: