鉄道コム

相模線にワンマン対応のE131系を導入、JR東

2021年6月17日(木)14時27分

JR東日本横浜支社は17日、相模線用の新型車両として、E131系を投入すると発表した。

相模線用E131系(イメージ)
相模線用E131系(イメージ)

E131系は、ワンマン運転に対応した短編成仕様の車両。2021年3月には房総エリアで営業運転を開始している。今回の相模線向け車両は、房総エリア向けの2両編成と異なり、4両編成での導入となる。

車体は、房総エリア向けと同様、ステンレス製2950ミリ幅のものを採用。車両の外観は、「遠くまで広がる湘南の海」をイメージし、濃淡2色の青色を配置。前面は、湘南の海や「ダイナミックな波の水しぶき」を水玉模様で表現する。

車内は、従来の205系同様にロングシートを採用。座席は相模川や湘南の海をイメージしたブルー系のツートンカラーとし、従来車よりも座席幅の拡大、低座面化、クッション性の向上を図る。ドア上部には17インチの案内表示画面を設置し、多言語による情報提供を実現する。また、バリアフリー対策として、各車両にフリースペースを設置するほか、ホームと車両床面の段差低減などを図る。

搭載機器では、制御装置にSiC素子を採用。半自動ドア機能や、線路設備のモニタリング機器も搭載する。また、セキュリティ向上策として、客室内防犯カメラを設置するほか、従来車両よりも非常通話装置を増設する。

相模線用E131系の投入時期は、2021年秋ごろを予定。4両編成12本を投入する計画で、相模線茅ヶ崎~橋本間のほか、朝夕運転の直通列車にて、横浜線橋本~八王子間で運転する。

相模線従来車両の205系
相模線従来車両の205系
房総エリア向けのE131系
房総エリア向けのE131系
2021年6月17日(木)14時27分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全896件

相模線 E131系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全564件

鉄道コムお知らせ

画像

好きなJRの特急車両に一票を

全国を走るJRの現役特急車両のなかから、好きな車両にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博の500系がエヴァに

京都鉄道博物館の500系が、10月28日から「500 TYPE EVA-02」仕様ラッピングで展示。

画像

大阪駅で150年記念フェア

10月14日・15日に大阪ステーションシティで鉄道開業150年の記念イベントが開催

画像

「ラピート」泉北ライナーへ

「ラピート」用の50000系が、特急「泉北ライナー」に投入。11月1日から1日5~6往復運転。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

鉄道イベント検索の新定番

臨時列車の区間やグッズ販売の場所を全国地図で表示する機能が登場。期間や条件の絞り込みも

画像

10月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス