鉄道コム

鉄道コらム

相模線や宇都宮・日光線に投入するE131系、次の導入路線は?

2021年6月23日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2021年3月に房総エリアでデビューした、JR東日本のE131系。さらに、2021年秋ごろには相模線、2022年春ごろには宇都宮・日光線への導入も発表されました。

房総エリア用のE131系
房総エリア用のE131系

E131系は、比較的短編成かつワンマン運転に対応した車両。主力路線向けのE235系のようにモニタ装置「INTEROS」を搭載せず、機能を抑えた「MON」を採用するなど、閑散路線向けにコストを抑えた設計となっています。

ローカル線向け車両として運用範囲が拡大することとなるE131系。相模線や宇都宮・日光線に続く投入線区は、どこになるのでしょうか?

房総向け車両の報道公開の際、同社の車両技術センター所長は、E131系を新規開発した理由について「比較的短い直流電車を使っている路線は多数あるので、今後の展開に際し、拡張性が効くさまざまなシステムを盛り込むため」と説明していました。

これを踏まえると、やはり房総エリアや相模線同様、2~4両編成の車両が使われる線区が濃厚です。たとえば、現在も205系が使われている鶴見線や南武支線、仙石線などが候補と考えられそうです。

鶴見線用の205系
鶴見線用の205系

ただし、他線区からの車両転入によって、これら路線の車両置き換えが進められる可能性もあります。たとえば、2024年度以降に京浜東北線へ新型車両を導入してワンマン運転を開始する、という報道が2020年になされたこともあり、これが実現した場合にはE233系が各線へ転属することも考えられます。

また、鶴見線などでは、燃料電池ハイブリッド車両のFV-E991系が実証試験を実施する予定です。しかしながら、こちらは営業運転の実績が無い新技術の搭載車両。実用化に向けてはさらに時間が掛かると思われるため、鶴見線などですぐにFV-E991系への置き換えが進むことは難しいと考えられます。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

211系、789系、E235系、E655系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

同じ線路に列車が2本

同じ線路上に列車が縦列停車。珍しい光景が見られる駅が、東京や大阪などに存在します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。